について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

タグ:100HELL

◆水有利古戦場本戦3日目について

 古戦場本戦3日目ということで
 100HELL煉獄カツウォヌスが解禁されました。
 ということでさっそく挑戦してみました。

・100HELL煉獄カツウォヌス↓
HELL100
 使う編成は95HELLで安定して強かった
 メンバーは主人公ソルジャー+杖パーティ
 
・序盤↓
序盤
 ソルジャーは勝手に強くなっていく感じで闇のシスと
 似た感じがありますが、バレット次第でバフデバフを
 撒けるのも強いですね。

・敵特殊攻撃↓
中盤
 こちらのダメージ軽減系バフが完全なときは
 バリアのみでしのぎ切れ実際のダメージはナシ
 杖パの強みが最大限発揮されていますね。

・ジョン・ドゥ天聖↓
中盤天聖
 序盤から中盤まではほぼバリアだけでやり過ごせるので
 ジョン・ドゥの天聖スキルで毎ターン200万ダメージが
 追加で入りかなり磐石といった感じ。

・終盤↓
終盤
 しかし、さすがに終盤になるとバリアが間に合わなく
 なり始めバリアHPの多いフォリア以外は
 徐々にダメージが入りだしてきました。

 古戦場ではアイテムで回復しやすい上に杖パキャラに
 回復もちが多いので問題なくフォローできるものの
 ちょっと時間的にはロスになったように思います。

・経過ターン↓
経過ターン22
 経過ターン 22

 結果としては、おおむね22ターンから23ターン
 といった感じでした。

 100HELLというと敵のHPが高く攻撃も厳しい印象でしたが
 杖パとくにリリィの春風効果のおかげで、全体としては
 かなり余裕をもって戦うことができました。


・意外と活躍バレット麻痺↓
麻痺
 95HELL100HELLと地味に活躍したのが
 ジョン・ドゥに採用したパラベラム弾の
 「パラライズバレット」

 麻痺が入る確率自体はそれほど高くないものの
 面倒な特殊攻撃を抑制することで、リリィの春風効果の
 消費を抑え、フォリアのバリアの寿命も伸ばせます。

 ソロで100HELLのように20ターン以上も
 かかる戦闘であれば1戦闘に複数回麻痺が入る
 機会がありそれなりに有効なように感じました。



渾身の痛いところを突くヴァルナさん

 土有利古戦場、本戦3日目ということで100HELLヴァルナが解禁されました。
 
 特別強敵という感じではないのですが
 とにかく面倒なのが各HPタイミングで撃ってくる特殊攻撃
 
 特に、残りHP50%とHP10%にやってくるアパーム・ナパート。
 ランダム多段攻撃は回復すれば済む話なのですが、
 水牢効果を付与されることで、その回復自体ができなくなります。
 
・アパーム・ナパート↓
10%攻撃痛い面倒
 水牢効果と奥義ゲージ減少を付与 ※小さな騎空士はサブに居るネコの効果


・水牢効果↓
水牢効果2
 水牢効果により回復ができない状態になります。

 土のマグナ2編成は渾身によって、その高い火力を維持しているので
 大ダメージを受けHPが減ってしまうと大幅に与ダメージが下がってしまいます。
 なのでこの水牢効果は特に厄介な弱体効果になります。

 ゴブロのマウントだけでは各タイミングの特殊攻撃の弱体効果を
 すべて防ぎきることは難しいので、ザ・ハングドマン召喚で
 味方の弱体効果を回復したいところですが

 ハングドマンは弱体効果一つのみ回復なのでこの場合
 奥義ゲージ減少状態だけ回復して、水牢効果は残ってしまいます
 この弱体効果を2個付与というのがいやらしいところですね。


・HP減少で火力激減の渾身↓
カインHP減少+バフ
 団の騎空団アビリティや各種バフでかなり強化されている状態でこのダメージなので
 実際にはかなり火力が落ちていると思います。

 特にカインは、オクトーやゴブロのように自己バフの上乗せがない分
 与ダメージ減少がわかりやすく出てしまいます。


バフでゴリ押し

 マウントもちのキャラをもう1枚となると火力がだいぶ落ちてしまいますし
 そもそも外せるキャラがいません。

 古戦場専用のクリアハーブでつどつど弱体効果を解除して
 減ったHPも支給品ポーションで回復していくというのが正攻法ではありますが
 ある程度のHP減少であればバフ盛り盛りで押し通す方が早いかもしれないです。
 
 土属性はウリエルやゴリラなどの召喚石で早い段階から強力なバフを撒けるので
 HP減少による火力減少をカバーしやすいです。

・団バフ+ウリエル+ゴリラのカイン奥義↓
バフ盛り盛りのカイン奥義
 カインのHPは半分程度まで削られていますが
 各種バフのおかげで奥義上限までダメージが出せています。


↑このページのトップヘ