について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

タグ:支配の天秤

◆光属性黄龍クリュサオルの終末5凸渾身と天秤について

 光有利古戦場直前ギリギリにようやく終末武器を5凸に
 できたので、黄龍クリュ編成に組み込んだらどうなるか
 簡単に試してみました。

 せっかくなので、単純に終末武器を組み込んだ編成と
 天秤を組み込んだ編成とで両方試してみました。


a.武器編成(終末5凸渾身+リミ武器2)
武器 終末5凸渾身
 以前までに用意しておいた黄龍クリュサオル編成の
 終末4凸が5凸渾身に変わったのみです。リミ武器は
 エデン1とサティフィケイト1です。

 加護石は神石×黄龍になります。
 また古戦場直前なので団の光炉(10%)が入っています。


a.奥義ダメ(2ポチのみ)
2ポチ奥義ダメ
 2,279万ダメージ

 アビリティ使用は主人公クリュサオルのデュアルアーツと
 アーセガルのいわゆる2ぽちのみになります。

 以前のテストでは炉を入れたら届くのではという程度でしたが
 今回は炉アリなのもありますが、ダメージにいくらか余裕が
 生まれるほどになっていますね。
 

a.ダメログ
2ポチダメログ
 クリティカルのブレがあってもロボミの奥義ダメは同じ
 だったので360万が上限みたいです。


b.武器編成(終末5凸渾身天秤)
武器編成 5凸天秤
 せっかく強い武器が増えたので、天秤編成の方も
 試してみました。とはいっても支配の天秤と黄龍刀を
 入れた程度なのであまり強くなった感はないですね。

 ただ天秤のスキルでダメージ上限が10%高くなっているので
 素の火力自体が高ければ、そのまま与ダメージが上がり
 逆に素の火力が不足していると無用の長物になることに。


b.奥義ダメ(2ポチのみ)
天秤奥義ダメ
 2,378万ダメージ

 差としては99万プラス。ということでわずかでは
 ありますが増えましたね。


b.ダメログ
天秤ダメログ
 ソーンさんとルリアはクリティカルでブレが出ている
 と思いますが、ロボミは分かり易く10%伸びている
 様に見えますね。

 デバフなしのクリュサオル運用でもダメージが微増なので
 通常の戦闘であればおおむね天秤編成の方が良さそうですね。
 









デスレスラー運用について

 先の光有利ブレイブグラウンドで入手できた
 闇の格闘武器「ツヴァイ・シェーデル」これを
 なんとかうまく使えないか?
ツヴァイ・シェーデル
 トリプルアタックの3発目のみに追撃が付くという仕様なので
 普段使いは難しいものの、デス召喚効果中の4ターンであれば
 完全に効果を発揮できるということになります。  

 ということで
 闇マグナの短期(4T)用デスレスラー編成について
 簡単にまとめてみました。


※追記(2020/8/1)

 ここでのデスレスラー編成も短期火力目的の運用
 ではありますが、最近六竜マルチなどで使われている
 デスレスラー編成とは多少異なります。あしからず


キャラ編成
デスレスラー
 今回はトライアル殴りのテストなのでデバフ役として
 レディ・グレイさんを採用していますが、救援で参加する
 だけであれば他の斧格闘得意キャラでも問題ないと思います。

 ニーアはデスで呼び出す運用が普通なのですが
 今回は4ターン限定の運用なので正位置効果は無視します。
 
 呼び出す側のキャラは、コンジャクションによる背水効果が
 受けられないので火力が落ち気味になります。なので
 ニーアより地力のあるシスが適当だと思います。

 ニーア自身をデバフのためにデスで落とす運用もありますが、
 ニーア1アビの追撃が非常に強力で使わないのは
 勿体ないのでフロントに採用しました。


武器編成
武器編成
 奥義なしのTA攻撃用編成なので、終末武器は通常上限up
 にしてあります。

 ツヴァイ・シェーデルの効果をより引き出すために
 虚空斧を採用しています。このためにキャラ編成が
 斧・格闘得意キャラ揃えになっています。


運用の流れ
コンジャクデス
 最初にゾーイのコンジャクション→デス召喚でシスが
 前に出てきます。


1t目のダメ
 シスは1、2アビで火力が十分出るので、
 あとはニーア1アビで味方全員追撃30%をかけて
 デバフ→ツープラトン→攻撃の流れになります。


4tのダメ
 4ターンも回すとだいぶHPが回復してしまいますが、
 爪を多めに入れることである程度火力を維持できています。


ダメージログ
4tの合計ダメージ
 6,529万ダメージ

 古戦場のボス90HELLのHPが約4,200万とのことなので
 古戦場にも使えるかも?ですね。

 もっとも、90HELLを周回することは
 普通はないと思うので
 基本的に救援用編成になると思います。

 

おまけ

 支配の天秤を入れればさらにダメージ上限が伸び
 もっと行けるのでは?
 ということで、蛇足ではありますが試してみました。
天秤入り
 天秤編成用に武器名が被らないようにをバラバラにしました


天秤1t
 案の定、最初からダメージ上限に達していませんね


天秤4t
 5,583万ダメージ (-946万)

 結果、1,000万程度合計ダメージが落ちました。
 やはり天秤編成は基本的に終末5凸が前提となり
 普通に使うのは難しいですね。

 軒並み与ダメージが落ちている中
 ここでも、シス君だけはダメージが伸びています。
 調整でこれがどうなるのか今から楽しみですね。


◆メカニックアラナン運用の支配の天秤について

 今回はメカニックアラナン編成に支配の天秤が活用できないか
 試してみました。


・メカニックアラナンとは…

 アラナンの2アビはパーティ全員の奥義ゲージ100%を
 コストとして消費するので、初手から使うために
 メカニックの全体ポンバを利用する戦い方になります。

 エッセルの「十狼の雄叫び」と違い特攻(ブレアサ)はないので
 シヴァを召喚します。


・比較用普通のマグナ編成↓
普通のメカアラナン武器編成
 現状のマグナ編成

・マグナ終末の第二スキルは通常ダメージ上限up

サン5凸あり。ミカエルなし。

団の船と炉はなし

・加護召喚石はマグナ×シヴァ


・普通のダメージ↓
普通のダメージ
 3,156万ダメージ

 手間はかかるものの1ターンで出せるダメージとしては
 かなり強力ですね。


・天秤入り武器編成↓
天秤入り武器編成
 天秤用編成ということで同名の武器を外しました
 

・天秤入りダメージ↓
天秤ダメージ
 3,053万ダメージ (-103万)

 通常の編成よりダメージが落ちました
 つまりシヴァ召喚+アニラバフをもってしても火力不足で
 上限ダメージにも届いていないということになると思います。


・なおクリティカルがでると↓
天秤ダメージ(クリ)
 3,401万ダメージ (+245万)

 3人クリティカルが出たときのダメージがこちら。
 与ダメージと上限ダメージに差があるのでクリティカルがでると
 そのままダメージが上がり、この場合だと

 通常のマグナ編成よりダメージが多くなりました。

 ちなみに通常マグナ編成側でクリティカルが3人出たときの
 ダメージは3,188万ダメージで天秤編成の時のような
 伸びはありませんでした。


◆おまけ

 これまで支配の天秤活用をいろいろ試してみましたが、
 終末5凸渾身なしで考えるとなかなか難しい現状です。

 唯一の成功例は魔法戦士エッセル砲の武器編成に組み込む形で
 「十狼の雄叫び」の強襲ブレアサ効果を利用したものになります。

 攻撃力大幅upと一言で言っても内部的には
 火力upの効果量がそれぞれ別に設定されているようで、

・シヴァ召喚(破壊の導き) +100%

・ラストオーダー  +280%
・十狼の雄叫び   +280%
 
・ブレイクアサシン3 +350%


 とのことです。

 パーティ全体にかかるもので比較すると
 シヴァ召喚が+100%で、エッセル4アビが+280%なので
 いかにエッセル4アビの火力upが強力かということになりますね。

 なお、ダメージ上限を上げる効果量自体は同じ?ようなので
 素の火力が高ければどれを使っても同じ上限ダメージということ
 になるんでしょうかね。



◆闇マグナ背水の天秤採用について

 せっかく作った「支配の天秤」をマグナでも活用できないか
 ということで今回は闇マグナの背水型編成に組み込めないか
 試してみました。


・天秤採用の武器編成↓
天秤武器編成
 支配の天秤の強みであるダメージ上限10%upこれを活用するには
 とにかくダメージ上限近くまで与ダメを上げなくてはならないので
 渾身か背水を使うしかないと思われます。

 そうなると、終末5凸渾身が無い以上背水を利用するしかない
 ということで圧倒的不人気のマグナ2武器「アビスストライカー」を
 採用してみました。一応方陣背水武器なので。

 さすがに背水2枠では厳しそうだったのでリボンも採用して
 背水3枠で挑戦です。グラシがあれば試してみたかったですね。
 ただ、そうなるとマグナというより神石側に近くなりますね。

 ジータのアビリティは、

 ブラックヘイズ (防御ダウン)
 レイジ3 (火力底上げ)
 他心陣 (初手奥義用)


 加護石はマグナ×バハムートになります。


・1ターン目↓
闇天秤1t
 ジータ 奥義344万ダメージ

 
・2ターン目↓
闇天秤2t
 ジータ 792,495ダメージ +追撃
 
 ちなみにクリティカルでは80万ダメージだったので
 ほぼ上限ダメージということになると思います。
    

・天秤採用のダメログ↓
天秤のダメログ
 2ターン合計 3,213万ダメージ

 召喚石の使用は、1ターン目サリエル 2ターン目バハムート


・比較の渾身短剣パ編成↓
闇渾身武器編成
 短剣得意キャラでそろえオメガ武器の渾身と
 ドクターのアビリティ「ニュートリエント」の渾身で
 火力を出す狙いの編成になります。


・1ターン目↓
闇渾身1t
 ジータ 奥義366万ダメージ

 奥義ダメージが天秤なしの方が高くなっているのは
 単純に「アビススパイン」の有無なので
 ここは予測通り。


・2ターン目↓
渾身2t
 ジータ 692,302ダメージ +追撃
 

・比較の渾身短剣ダメログ↓
闇渾身ダメログ
 2ターン合計 3,220万ダメージ

 天秤採用型↓
 2ターン合計 3,213万ダメージ

 天秤背水とオメガ渾身とで武器編成はもちろん
 キャラ編成も当然同じではないので比較しにくい
 かもしれませんが今回のテストでは

 ほぼ同じという結果になりました。

 テストでは背水側が回復しきらないように
 2ターンという短さで区切りましたが、

 実際的にはコンジャクションの効果でもっと回復して
 背水が弱まるので上限近くのダメージ自体
 出しにくくなりそうですね。
 
 あと地味にターニャが強い。


◆おまけ

 ほかにも火や土マグナには複数背水武器があるので
 もしかしたら行けるのではと思っていましたが、
 闇でこのありさまなのでちょっと実用は無理そうですね。

 マグナの背水武器

火 オールド・エッケザックス 背水(小)
  コロッサスブレード・マグナ 背水(大)

土 世界樹の蔦弓・マグナ 背水(大)
  ニーベルン・メッサー 背水(小)


◆火マグナ魔法戦士エッセル砲の支配の天秤採用について

 通常、マグナ編成で支配の天秤を活用する場合
 終末5凸の渾身が前提となる事が一般的ですが、
 それ以外でなんとか活用できないか試してみました。

 マグナ編成でもダメージ上限に引っかかる状況
 ということで魔法戦士エッセル砲に支配の天秤が活用
 出来ないかやってみました。


・今回の武器編成↓
火魔ほ戦+天秤
 支配の天秤の第二スキルによる
 ダメージ上限up10%を活用するために
 装備は同名のものを省きました。

 コロッサスケーン・マグナを2本外しシミターと夏ノ陽炎を採用
 支配の天秤は攻陣の種類としてはEX枠なので、
 極マリシ烈火ノ太刀をさらに1本外し天秤を入れました。

・テトラストリーマの第二スキルは英勇

・終末武器(マグナ)の第二スキルは通常上限up

サン5凸あり。ミカエルなし。フレイなし。

団の火船と火炉はなし

・加護召喚石はマグナ×シヴァ


・ドラゴンブレイクエッセル砲ダメージ↓
魔法戦士+天秤8814万
 8,814万ダメージ


・比較として前回のダメージ(天秤なし)↓
エッセル砲(朱雀あり)
 8,252万ダメージ

 関連記事→火マグナ魔法戦士について(19年8月 修正)

 ということで562万ダメージ増で大成功となりました。

 抜いたコロッサスケーン・マグナがあまり強くないので
 入れ替えによるデメリットが少なかったのと、
 とにかくエッセル4アビの「十狼の雄叫び」の特攻が強力
 ということだと思います。

 武器編成の火力自体は天秤編成で下がっていますが、
 「十狼の雄叫び」の火力上昇にはまだ余裕があるようで
 ますます天司石やフレイが欲しいところですね。








↑このページのトップヘ