について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

タグ:十賢者

◆十賢者カイムのマグナ運用について

 一般的にはカイム編成というと土神石編成の
 亜種で、武器編成をバラバラにしたタイプ。
 という感じだと思います。

 実際リミ武器を何本か入れられれば十分使えるという感じ
 のようですが、すべての属性で神石を凸るほど金剛の余裕は
 ないので、まずリミ武器なしのマグナベースカイム逆位置
 編成がどうなるか試してみました。


武器編成
武器編成
 マグナ武器を5個かぶらないようにバラバラにしてみました
 キャラ編成はいわゆる土剣豪の刀パなので、メイン金重
 サブにオメガ刀が入っています。

 せっかくのバラバラ編成なので支配の天秤もしっかり入れました。

 過去記事→支配の天秤について


サブメンバーにカイム
サブカイム
 フロントは剣豪、オクトー、カイン、ゴブロになります。

 確定クリティカル狙いではないので、
 加護石はマグナ×属性にしました。

素殴り
素殴り
 22万ダメージ
 25万ダメージ(土マグナ2編成のダメージ)
 
 敵に防御ダウンをかけず、また味方にバフもなしのダメージ
 で、比較用に従来のマグナ2編成で同じことをしたときの
 与ダメージも出しておきました。

防御ダウンのみ
デバフ有
 42万ダメージ
 46万ダメージ(土マグナ2編成のダメージ)

 主人公ミゼラブルミストとカイン1アビで、
 敵防御50%ダウン状態での主人公の与ダメージになります。


バフデバフあり
バフデバフ有
 62万ダメージ
 68万ダメージ(土マグナ2編成のダメージ)

 バフはフロントメンバーのアビとウリエル召喚のみで、
 奥義バフなどは含まれません。

 比較の土マグナ2編成の方もバフは同じですが、
 加護石がマグナ×マグナなので土属性バフが無い状態
 でのダメージになります。

 ちなみに比較で使ったマグナ2編成の与ダメはこちら↓

素殴り
素殴りマグナ

デバフあり
デバフ有マグナ

バフデバフあり
バフデバフ有マグナ

 結果的にはすべての状況で従来型のマグナ2編成の方が
 与ダメージが多く、今回の武器編成の場合にかぎっては
 あまりメリットがなさそうですね。

 では、逆にカイム入りバラバラマグナ編成の方が
 うまみが出る状況は何かと考え、せっかく天秤を
 入れているのでバフをもっと盛って上限を狙ってみました。


バフ盛り盛りカイム編成
ウリエル+ゴリラバフマグナ
 85万ダメージ+追撃19万 計104万ダメージ

バフ盛り盛りマグナ2編成
ウリエル+ゴリラバフマグナ
 74万ダメージ+追撃17万 計91万ダメージ

 ウリエル召喚後、奥義回しでオクトーの属性バフを乗せ
 さらにゴリラ召喚した状態の与ダメージになります。
 
 カイム編成はバフさえ維持できればマグナ2編成を上回る
 ダメージが出せましたね。これは支配の天秤を組み込める
 バラバラ編成だからこそからできた事という面もあります
土マグナ2
 マグナ2編成は確定クリティカルを実現するためには
 ニーベルンホルンが3本は必ず必要になります。
 なので支配の天秤を入れることができませんし、
 カイム逆位置の採用もできません。

 
・まとめ

 今回はリミ武器や終末5凸渾身なしのマグナで
 どこまでできるのか試してみました。

 ダメージ上限は上がっているのでバフが十分なら
 既存の編成を超えるダメージが出せるものの、
 実際的にはちょっと厳しい感じになりました。

 逆に言うと今回バフで補った部分、つまりリミ武器
 など強力な装備がそろっていればかなり与ダメを
 伸ばせそうですね。


おまけ

 与ダメージテストや比較などの部分と
 ブログなので日記的な部分とで
 別にした方が良いのかどうなんでしょうね。
ヒヒ泥
 ヒヒイロカネというと黄龍黒麒麟HLの調整が
 どうなるのか気になるところですね。

 黄龍黒麒麟HLいつやるかについて


ニーアについて

 ようやく加入できた闇の十賢者ニーアについて
 簡単にまとめてみたいと思います。

ニーア
ニーア
 見た目はかわいいエルーンですが、
 十賢者というこでストーリーはかなり
 えぐい感じになっていました。


奥義とアビリティ
奥義とアビ
 1アビはフィールド効果による味方バフと敵バフ両効果
 があるタイプで、アラナンと似た感じですね。

 闇属性はマグナでもコンジャクション+背水によって
 ダメージ上限に達しやすいので、追撃が付与されるのは
 さらにダメージを伸ばすのに有効だと思います。
 
 2アビは指定キャラとニーアが必ずTAで強力なのですが、
 そもそもニーアはサブメンバーからデス召喚で呼び出すので
 TA効果部分は戦闘が長引いた時のみという感じですね。

 3アビは指定キャラの奥義が2回発動になるというもの。
 クリュサオルのデュアルアーツ同様に奥義ゲージ100で
 2回発動する形になります。


サポートアビリティ
サポアビ
 他の十賢者と違い、闇属性はデス召喚で
 容易にフロントに呼び出せるので
 正位置運用が主になるかと思います。

 問題なのは、ニーア最大の特徴であり短所でもある
 「愛ヲノゾム意志」専用のカウントがあり
 最初13あり0になると強制戦闘不能になってしまう
 やっかいなもの。

※ターン終了時に落ちるのでアビ使用では落ちない

 アビリティを使っても消費され、
 ターンを回しても減っていくので
 最初から落ちること前提の運用になります。


使い方について

 ニーアは落ちること前提ということもあり
 正位置効果のリレイズや別途蘇生手段があると
 長く運用できるようになります。
初期
 四番手はデス召喚で落ちるので最初からそのつもりでの配置。
 この場合アザゼルさんが落ちます。先にデバフだけでも
 やってもらうのもいいですね。
 
ニーア呼び出し
 デス召喚で四番手にニーアが入ります。
 この際デスの召喚効果で味方全員必ずTAとニーア正位置効果が
 味方全員に付与されます。

最大時
 80万+パラゾ奥義追撃+フェリ追撃
 
 ここにさらに+ニーア1アビの追撃効果
 といった感じで追撃盛りだくさんで気持ちいいですね。

4ターンダメログ
 デスの必ずTA効果のある4ターンまでのダメージログ

 強力な専用の自己バフがあるヴァンピィとほぼ同じ程度
 ダメージを稼いでいますね。
 これは奥義回数によるところが大きいと思います。

 奥義回数が多いのはニーア3アビの効果で、
 カウントが減ることで奥義が強力になりやすい
 ニーア自身に使うのがいいと思います。

 アビリティを普通に使っていっても11ターン目までは
 もちました。

※正位置効果で蘇生しているのでバフは一度切れます。

 さらにニーアを運用をする場合はフェリ3アビや
 主人公にリヴァイヴを持たせる感じになると思いますが

 落ちた後のことも考えて六番手にちゃんと戦えるキャラを
 編成しておくのが良いかもですね。

◆古戦場勲章交換の優先度について

 勲章の交換は基本的にヒヒイロカネ、セフィラ玉髄、金剛晶からの
 選択になります。何か明確にすぐ凸りたい召喚石があれば
 もちろん金剛晶優先もあるとは思いますが、
 
 難しいのはヒヒイロカネで十天衆加入(上限解放)か
 セフィラ玉髄で十賢者かという選択になると思います。
 
 具体的な例として火属性の最終エッセルとアランの
 特徴的な運用で比較してみました。

・エッセル4アビのダメージ↓
魔法戦士+天秤8814万
 エッセルの最大の特徴はなんといってもその超火力。
 4アビの解禁まで10ターンかかるのと魔法戦士などの
 下準備が必要となりますが非常に強力です。

・アラナン2アビのダメージ↓
メカニックアラナン
 アラナンの一番の特徴でもある2アビ。
 メカニックの全体ポンバでアラナン2アビに必要な
 奥義ゲージを稼ぎ初手から味方全員TA+追撃に
 シヴァ召喚をあわせ大ダメージを狙うというもの。

 素の火力が高ければ高いほどTA+追撃の効果は
 大きくなるので、どちらかというとマグナより
 神石の方が恩恵は大きいかもしれません。


◆まとめ

 十賢者、十天衆すべてを細かく比較することは無理なので
 今回は端的に特徴的な運用を引き合いに出して
 十天衆と十賢者どちらの方を優先してする方が良いのか
 ということを考えてみましたが、

 正直場合によるという感じかなと思います。
 基本的には十天衆の方が戦力強化につながると思いますが、
 特定の状況や運用方法では十賢者もアリという感じですね。
 
 今後十賢者の取得が増えていけば、
 この属性は賢者を優先の方がいいというような認識が
 広がっていくかもしれませんね。


↑このページのトップヘ