について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

タグ:キャラ編成

◆グリームニルの1アビのディスペルガード効果について

 キャラクタ性もさることながら、性能で書いてあることも軒並みよさそうで
 もちろん普通に強いです。
 

・おちゃめなグリムさんのかっこいいとこ↓
グリームニル4凸


 そんな性能の中ひとつに絞って考えると、一番気になるのは
 他に無い新能力“ディスペルガード”があります。
 
・1アビ↓
1アビ

・付与効果内容↓
1アビ内容

 上から

 バリア
 マウント(ヴェール)
 ディスペルガード
 幻影
 ガード

 下2つは2回目からの効果となります。
 長期戦でさらにアビリティが強力で防御寄りになりますね。

 単純に考えるとマウントのアビリティとおまけつきという感じです。



 さて、そこで本題になります。

 このマウント+ディスペルガードをセットで考えたとき
 敵がどういった行動をしてきたらがっちりはまるのか?

 味方全体ディスペルと同時に味方全体麻痺(石化、即死)

 これをやってくると仮定したら、戦闘中対策できるアビは
 グリム1アビだけになると思います。※

 すぐさま今古戦場で、たとえば100HELLでやってくるかはわかりません。
 さすがに即死を強制で撒いてくるなんてことはないでしょうが、
 1~3ターン麻痺のような嫌がらせをしてくる可能性はあるのではないでしょうか。

 全体石化や麻痺は、クリア等では自身が動けないので解除できず
 ターン経過を待つしかなくなります。これはつらいですね。

 戦闘中対策しておけるのはマウントだけになります。
 そこにディスペルガードが付属されてる必然性を考えるとこうなりました。

 ※弱体耐性を100%状態に一時的にできるアビでもタイミングを合わせれば
  対策可能ですね。
  風属性ではリーシャの強化号令Lv5で3ターン耐性100%

 もちろんこれは考えすぎで、単純にディスペル対策の効果としてあり
 マウントのアビとセットになっているだけなのかもしれません。
 むしろ現状ではそういう見かたが普通だと思います。
 


 一応事前準備、つまり装備で対策を考えると
 弱体耐性upで耐性を100%にしておけば理論上バステに対して無敵になります。
 そこで最初に目についたのが、
 グリームニルの加入武器である虚無の哭風の第二スキル。

・弱体耐性up装備↓
グリム槍スキル

 効果量は現在不明なのでわかりませんが
 たとえば仮に、SL15で17%ということなら(HP上昇と同じなら)
 神石両面で3倍の51%、2本で弱体耐性100%以上ということに計算上はなります。

 検証待ちという感じではありますが、この仮定の場合
 敵によっては、あるなしでかなり大きな影響がでるのではないでしょうか。



・今回のまとめ

 敵がディスペル+全体石化してきたら、グリム1アビが刺さるのではないか?

 装備も弱体耐性upで、効果量次第ではすごいのでは?

 というお話でした。

 あくまで仮定の上で、
 マウントとディスペルガードがセットであることを考えました。
 ただ、単純にディスペルでこちらのバフを消してくる敵も増えていますから
 普通に便利なアビとしても需要が高くなりそうですね。






風魔法戦士のドラゴンブレイク運用について
  
 風有利古戦場の準備として、まだ使うかどうかわからないものの 
 準備している編成として魔法戦士編成があります。
 これはドラゴンブレイクによる強力な追撃を利用した編成となります。

魔法戦士
 

 手持ちのキャラや召喚石によって多少ムーヴが変わってきますが
 基本的な手順はこちら↓

 ニオ4アビ+ドラゴンブレイク+シヴァ召喚→奥義なしで攻撃

 まずニオの4アビで味方全体確定トリプルアタックと追撃(50%)
 さらに魔法戦士のドラゴンブレイクによる追撃(最大80%)
 そこにシヴァ召喚効果(ダメージ上限が増加)
 
 これが基本になります。

 そこで同じ装備・召喚石でキャラだけ入れ替えてどこまで
 ダメージを伸ばせるか考えてみたいと思います。



・今回のテストの基本となる装備↓
魔法戦士装備

 武器編成は、マグナ2編成である銃3琴3で
 召喚石は自石マグナ、フレ石マグナです。

 ティアマトボルト・マグナをティアマトガントレ・マグナに替えたり、
 まだ改善の余地はありますが今回は武器編成はこれ以上考えず
 キャラの編成に注目したいと思います。



まず試すのが、基本ムーヴのみのダメージ
ドラゴンブレイクニオ4アビシヴァ昏睡(基本)13T[4815万]
 48,154,403 ダメージ
 
 これが基本のみのダメージとなります。
 行動の流れとしては、
 ドラゴンブレイク→ニオ4アビ→シヴァ召喚→昏睡→攻撃(奥義なし)
 キャプ画面ではリーシャが参加していますが号令は使っていません。
 

 次に試すのは、

魔法戦士、シエテ、リーシャ、ニオ
ドラゴンブレイク号令ニオ4アビシヴァ(シエテ)13T[6876万]
 68,761,909 ダメージ

 基本の形にリーシャの攻撃号令5によって
 さらに追撃(50%)と属性バフを乗せたものになります。
 基本の形よりだいぶダメージが増えましたね。

 この組み合わせの使いにくい点としては、
 リーシャの号令レベルを上げるのにシエテのに2アビと
 リーシャ1アビしかないので手間がかかる点があります。

 主人公のアビリティは

 ミゼラブルミスト …敵防御ダウン用アビ
 スペルブースト  …魔法陣を最大にするためのアビ
 ドラゴンブレイク …この編成の肝になる追撃アビ


 なので基本的には攻撃アビリティを入れられません。

 もし召喚石で防御ダウンを賄えるようなら、
 エレメンタルブレイク(自属性防御30%ダウン)+召喚効果で
 防御下限まで下げられるのでミゼラブルミストは外して
 攻撃アビリティを入れるのもいいかもしれません。

 この場合、シヴァ召喚の前ターンに忘れずにかけておく必要があります。
 なおキャプ画面ではデバフ切れにならないようにエレメンタルブレイク、
 ミゼラブルミスト、召喚石ハンサを同時に使っています。


・次に試すのは、魔法戦士、メーテラ、リーシャ、ニオ
ドラゴンブレイク号令ニオ4アビシヴァ(メーテラ)13T[7135万]
 71,350,246 ダメージ 

 この編成はメーテラのサポートアビリティによる追撃(10%)で
 さらにダメージを追加する編成です。

 なおメーテラの2アビによる追撃(80%)は
 リーシャの追撃と共存できない仕様なので、
 純粋に80%増加とはならないようです。
 
 この編成は先の編成の問題点であった攻撃アビリティ不足を
 メーテラひとりで改善できます。
 メーテラのアビリティは3つとも攻撃アビリティで
 なおかつ魅了やスロウなどターン回しにも都合がよくなっています。

 ただ、メーテラの追撃はリーシャと違い、あくまで自身のみなので
 ダメージの増加量は限定的になります。


最後に、魔法戦士、水着ユエル、リーシャ、ニオ
ドラゴンブレイク号令ニオ4アビシヴァ(水着ユエル)13T[7875万]
 78,757,818 ダメージ

 これは水着ユエルの奥義効果による仲間全体追撃(10%)により
 ダメージ増加を狙ったものになります。

 また、狐火状態の敵に対して最大3万ダメージ加算もあり
 さらなるダメージの上乗せができます。
 
 ダメージ自体は増加したので狙い通りにはなりました。

 しかし、ドラゴンブレイク攻撃をするターンの前に
 あらかじめ奥義を撃っておかなくてはならない手間が増えます。
 
 また、追撃の割合が低いので思ったよりダメージの伸びがなく 
 手間の割に効果の薄い結果になってしまいました。

 

魔法戦士運用についてまとめ

 魔法戦士+リーシャ+ニオ+シヴァここまでの編成は
 堅いんじゃないかなという感じですね。

 まだ、召喚石ジャッジメントを最終まで強化できていないので
 もう少しだけならダメージを伸ばせるけれど
 現状の手持ちで、これ以上劇的にダメージを増やすのは
 難しそうだなと思いました。

 なお、今回行ったテストではダメージに大きくぶれがありました。
 これはアビリティの順番や手順のミスが考えられます。 
 手順を間違えると追撃の上書き関係によって損をしてしまうようで
 古戦場で何戦もするのに本当に都合がいいのか少し疑問も残りました。

 また、キャラによっては昏睡が入った状態でもダメージ上限に達していないようで
 ニオ以外に別途バフがあったらさらに良かったのではないかと思います。



 他にも、アンチラを使った編成や召喚石フレイを
 入れたりする編成があるかと思います。

 みなさんも、手持ちのキャラでいろいろな編成を試してみてはいかがでしょうか?
 




↑このページのトップヘ