について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

タグ:カリオストロ

◆ルシオ、カリオストロのバランス調整について

 前回のシス、シエテに引き続き
 今回はルシオ、カリオストロについて
 簡単にまとめていきたいと思います。


ルシオ
ルシオ
 元々強いリミキャラでしたが、いまいち使われていない感が
 ありました。その一つの理由としてアビダメアタッカー
 というのが面倒で使いにくさにつながっていたように思います。

 2アビは強力なダメージアビリティなのですがマルチ戦では
 スピードを優先しがちなので、アビ押すよりターン回したほうが
 早いし貢献度を稼げるし。という感じでした。
 
 今回の調整ではその2アビに専用自己バフの聖義の翼1上昇(最大6)
 が付き、アビを押すと強くなる。という形になりました。

 3アビで必ずトリプルアタック2ターン。このTAでも増えますから
 2アビポチでさらに加速するという感じですね。

聖義の翼なし(1ターン目)↓
ルシオ素殴り
 16万ダメージ ※バフデバフなし

正義の翼6(10ターン後)↓
聖義の翼6ルシオ
 22万ダメージ ※バフデバフなし

正義の翼6(防御下限)↓
聖義の翼6ルシオ(下限)
 50万ダメージ+3アビ追撃+サポアビ追撃 ※自己バフあり

 ソーンさんの奥義バフが無くてもこのダメージに追撃と
 強い、強すぎるルシオ。なのですが、

 ターンが経過するほど、正義の翼が溜まるほど強くなる
 反面同時にターン経過で闇防御ダウン(最大30%)ここは
 調整されませんでした。

 長期戦ほど火力は上がるものの打たれ弱くなるという点
 ここをどう見るかで評価が変わってきそうですね。

 今後実装される予定の天上征伐戦。マルチではなく
 ソロの高難度戦なので、ここで大いに活躍しそうな気も
 しますが、最近の敵は高火力なのでどうなるか次第ですね。
 


カリオストロ
カリオストロ
 これまで奥義には特別な効果はありませんでしたが、
 調整で味方全員の土属性攻撃25%が追加されました。

 マグナ2編成では加護石がマグナ×マグナの運用になるので
 属性バフが不足します。剣パーティであれば土オメガ剣の
 奥義効果味方全員の土属性攻撃30%up

 刀パーティであれば、最終オクトーの奥義効果
 味方全員の土属性攻撃20%upが上手くはまっていましたが
 それをカリオストロでも担えるようになりました。

 カリオストロは杖得意なので、土杖パーティというのも
 なかなか良さそうですね。
カリオストロ

 1アビには元々防御ダウンがついていましたが効果量が15%と
 微妙で、主人公ミゼラブルミストと合わせても下限の50%に
 できませんでした。

 それが調整で防御ダウン25%となり、さらに謎の
 土防御ダウン10%まで追加され、防御デバフ役として
 無理せず採用可能となりました。
 
 そして問題の2アビ。水着カリオストロで密かに注目されている
 会心効果が土カリオストロの方にも追加されました。
 クリティカル時にダメージ上昇する効果で最大5万加算とのこと。

 土マグナ2編成は常に確定クリティカルなので相性も良いですね。
 ただちょっと欲を言うと、効果時間3ターンのリキャスト7ターン
 というのが心もとない感じですね。
 
 また、2アビには荒土の刻印付与も追加され
 永続消去不可の土属性バフ(最大25%)※になるので
 つい最近実装された召喚石ドグーとも相性が良くなっています。
※ドグーのサブ石効果3凸
 

まとめ

 前回のシス、シエテの調整は良い面もあり
 同時によくない面もあるといった感じでしたが、

 ルシオ、カリオストロなどほとんどのキャラは
 能力が追加されたり、強化されたりして
 より使いやすく強くなったと思います。




◆カリオストロ(土属性)について

 前回、土ゼノ琴装備のエリュシオンが初心者中級者さんにおすすめという話をしました
 そこで今回は、土エリュシオンと相性のいいカリオストロ(土属性)について
 簡単にまとめてみたいと思います。

カリオストロスキン

・奥義とスキル↓
カリオストロ奥義スキル
 スキルは全体的に一昔前のスタイルという感じ

 水属性のリリィなんかと比べると
 アビリティ自動発動が無かったり、○○の刻印効果が無かったりと
 最近のキャラクタの能力と比べてしまうと少し見劣りする。

 そういったことから評価が少し低めになってきているものの
 こと土エリュシオンとの組み合わせという視点で考えると
 なかなかの相性の良さがあります。

①コール・オブ・アビスのデメリット解消
エリュアビ構成
 エリュシオンの代名詞ともいえるアビリティのコール・オブ・アビス
 強力な連撃バフがある反面、奥義ゲージ増加量ダウンのデメリットがあります。

 なので、デメリットの奥義ゲージ上昇量ダウンを打ち消すために
 クリアオールを一緒に持たせるのが一般的になります。

 このセットにミゼラブルミストを持たせると完全にアビリティに余裕がなくなります
 それを解消する場合、味方メンバーにクリアもちのキャラを入れることになるのですが
 これにカリオストロの2アビファンタズマゴリアがきれいにはまります。

 ファンタズマゴリアは味方クリアとバフの組み合わせのアビリティなので
 初手にバフとして使うとクリアが無駄になりもったいなく
 クリア目的で取っておくとバフがかけられずにもったいないという問題があります。
 
 そこでコール・オブ・アビス→ファンタズマゴリアとアビリティを使うことで
 連撃upしつつデメリットを消し、なおかつバフがかけられる形になります。

 バフの効果量は、

・コール・オブ・アビス DA80% TA30%

・ファンタズマゴリア  DA35% TA15% クリティカルup 攻撃防御30up


 とのことなのでDAは確定、TA45%になるのでかなり連撃が出やすくなりますね。

 他のキャラクタでもクリア持ち、連撃up持ちはいますが
 両方兼ね備えていることでパーティ全体のアビリティ枠を圧縮できるのが
 土エリュを使う上でのカリオストロピックのメリットになります。


②土渾身の維持に貢献

 土オメガ2編成では渾身が火力の大きな部分をになっているので
 HPが下がってしまうと渾身部分の火力が無くなり、
 HP半分でダメージも半分といったかんじで火力が激減してしまいます。

 古戦場では回復がぶ飲みという選択肢もありますが
 普段使いでは少しネックになりえます。

 実際、金重剣豪刀パのフロントには回復キャラが入らないことから
 サブメンバーにSRセワスチアンを入れるのが一般的になっています。
 ※セワスチアンはサブに居ると味方全体に再生効果
 
 土属性の回復キャラで味方全体回復アビを持っているキャラは、

・1年生チーム (上限1,500回復)

・カリオストロ (上限3,000回復)※奥義効果込み


 と少なくまたカリオストロの回復量がかなり多くなっています。

 現在の環境ではマグナでもHPがかなり盛れるようになっているので
 3,000回復でも少し物足りない感じにはなっていますが
 渾身はとにかくHP最大の状態に近い方が火力が大きいので
 大いに役立つのではないでしょうか。





↑このページのトップヘ