について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

タグ:イベント召喚石

ごめんなさいとありがとうについて

 今日からイベント「ごめんなさいとありがとう」が
 復刻開催されます。
クリップボード01
 ということで、手に入る武器や召喚石について
 簡単にまとめていきたいと思います。


イベ武器
武器
 火属性 武器種

 復刻イベントで過去にプレイ済みなので
 既に3凸済みになっています。
奥義とスキル
 第二スキルは、イベント武器なので攻刃はEX枠

 第一スキルは、専用型でメイン装備時主人公のみ
 灼熱状態の敵に追撃ダメージがつくというもの。
 気になる追撃の効果量は、10%とのこと
 
 どうしても入れたい理想の武器という感じではないので
 火属性の刀で適当なものが無い場合の
 ゼノイフ刀が手に入るまでの繋ぎ武器という感じですね。
追撃量
 試にやってみたところちょうど1割程度の
 追撃ダメージが出ました。
 

イベ召喚石
召喚石
 水属性

 こちらも過去に入手したものを記念品として残しておいたので
 既に3凸済みになっています。

召喚効果
 加護の効果量は水属性40%とイベント石ということもあり
 だいぶ控えめですね。序盤でガチャ産水召喚石が手に入るまでの
 繋ぎ用な感じですね。

 イベント召喚石には記述のない“隠し要素”が設定されている
 ことがあり、今回の召喚石には

 フロントに居るユエル、ソシエにトリプルアタックup

 があるそうです。
隠し要素
 実際に試してみたら、ダブルアタックに紛れて
 ユエルにはトリプルアタックも付いてますね。


おまけ

 最近のアップデートでリミテッド武器に
 専用のアイコンが付くようになりました。
リミ武器アイコン
 小さいアイコン状態で似たような武器の中に紛れると
 間違えてエレメント化してしまう。という事を防ぐ
 為にということだと思います。

 リミ武器の数が神石編成の強さの元なので
 もっと背景自体のカラーを変えちゃうぐらいはっきり
 変えちゃってもいいのではとも思いますが、

 最高レアリティはあくまでSSRということにしないと
 他のSSRが相対的にナーフされた感覚になってしまう
 のでまずいのかもですね。

SIEGFRIED(ジークフリート)イベント武器召喚石について

 イベントで獲得できる武器と召喚石の性能について
 簡単にまとめてみたいと思います。


・イベ武器「ドラゴンバスター」
イベ武器
 土属性 斧武器

・奥義とスキル
奥義とスキル
 第一スキルはイベント武器の通例ということでEX枠攻刃

 気になるのは第二スキルの追撃その効果量ですね。
 条件はクリティカル発生時となっていますが、
 マグナ2編成であれば確定クリティカルなので常時発動。

・追撃ダメージ(バフデバフなし)
追撃は一割
 23万ダメージに追撃が2万3千

 ということでだいたい一割くらいみたいですね。

 まずまずの性能ですが、
 四天刃の様に奥義で連撃バフがまけないので、

 ベルセルクの土メイン武器として虚空斧が手に入るまでの
 繋ぎ武器という感じですね。

 それにしても、性能とは関係なく見た目として
 ベルセルクにとてもよく似合っていますね。


・イベ召喚石「眠れる竜と獅子」
イベ召喚石
 風属性

 
イベント武器と召喚石の属性が違う珍しいパターン

・召喚効果と加護
召喚効果
 イベント召喚石なのでガチャ産より加護効果量が
 抑えられてはいますが、ダブルアタック30%upというのは
 かなりおまけしてくれた感がありますね。

 序盤のマグナ編成では連撃を稼ぐ要素がほとんどなく
 キャラ性能に頼るほかありませんが、召喚石加護で
 DA30%というのは地味に大きな効果になると思います。


◆おまけ

 土属性のベルセルクメイン武器は
 最終的にオメガ剣を土で作るということになりがちですが、
 個人的には虚空斧「虚空の晶塊」も強力だと思います。

・虚空の晶塊
虚空斧
 土属性 斧武器

・奥義とスキル
虚空斧奥義とスキル
 虚空武器は主に得意武器をそろえたキャラ編成用
 といった感が強いのですが、虚空の晶塊は奥義効果も強力なので
 仲間の編成を完全に斧格闘にしなくてもアリだと思います。

 奥義効果で味方全体与ダメージ上昇効果と、トリプルアタックup
 効果量はTA35%とのこと。第一スキルでもTA10%upが付いているので
 合計TA45%とかなり連撃が出やすくなると思います。

・土属性の斧格闘得意キャラ

 メルゥ、ネモネ、サラーサ、サラ、ハレゼナ、
 アイル、メドゥーサ、ユグドラシル、バザラガ、
 ソリッズ、ダーントさん、カイムロベリア
 バアル、ファスティバ

 

↑このページのトップヘ