について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

カテゴリ: フルオート機能

◆風有利古戦場本戦お疲れ様でしたについて

 今回のHELLボスのドグーさんはかなり厳しい敵でしたね。
 上がりがちな風有利古戦場のボーダーを抑える目的か、
 あるいはフルオート対策の嫌がらせと思わせるような
 石化などが印象的でしたね。

 今回の古戦場も全戦フルオートでまったりでしたが、
 HELL150はマウントを貫通する石化はもとより
 硬い上に攻撃も強いのでフルオートは最初からあきらめ
 HELL100をずっとまわしていました。


フルオートキャラ編成
キャラ編成
 95HELLまではベルセルクを採用していましたが、
 100HELLは少しでもデバフを安定させるために
 カオスルーダーに変更しました。

 3人ともマウントがあるトリプルマウント編成ですが
 もちろん意味はなく、偶然安定編成を模索したら
 重なっただけです。

 ティアマトの回復は刻印の数が必要なのでセルエルと
 相性が良く、グリームニルのガードとセルエルの奥義バリア
 と風属性ダメカとでこちらもいい感じでした。

 サブメンバーにはカッツェと猫を入れていましたが
 石化すると回復してくれなくなるのでカッツェは
 ちょっと上手く機能していませんでしたね。


主人公アビ
主人公アビ
 レイジの枠はディスペルと悩みましたが、
 あまりうまく機能していないようだったので
 少しでも火力を上げるためにレイジ3にしました。


武器編成
武器編成
 ティアマトを採用している関係で天司武器を外して
 バハ短剣を入れています。だんだんとマグナ2だと
 厳しい戦闘が増えてきたのを感じますね。

 マグナ2編成なので加護石はもちろんマグナ×マグナになります。


ガード+バリア
ガードダメカバリア
 グリームニルのガード効果やバリアと
 セルエル奥義毎のバリア更新のおかげで
 終盤まで比較的安定していました。

クリア時のHP
 無属性ダメージのおかげで余裕あるHPとはいきません
 でしたが、ティアマトの回復もあってフルオートでも
 なんとかクリアできる感じでした。


100HELLフルオートタイム
100フルオート
 だいたいが9分30秒くらいでした。早くて9分
 石化をまともにもらって遅くなって11分程度。


 前回の光有利古戦場は神石天秤編成に移行できていたので
 比較的楽な古戦場でしたが、今回はマグナ2編成のままで
 火力的に物足りなさを感じましたね。



◆おまけ

 リミキャラや限定キャラが活躍する中
 頑張ってくれた恒常キャラのティアマトさん
ティアマト最終
 フルオート編成で問題となりやすい回復役として
 大いに活躍してくれましたね。次回古戦場の有利属性は
 まだ不明ですが、今度は誰が活躍するのか楽しみですね。


◆95HELLフルオート編成について

 光有利古戦場本戦開始とともに95HELLも始まりました
 もちろん手動できっちりリロードした方が早く討伐
 できるのですが
グレートウィンター
 そこは長丁場の古戦場。
 ずっとぽちぽちしているのも大変ですよね。
 ということでフルオート編成を考えてみました。


武器編成
武器編成
 神石の天秤編成にアークを足してクリティカルを期待した
 形にしました。といってもまだ様子見で無凸状態です。

 フルオート機能は回復アビ(緑枠)を使用しないので
 徐々にHPが減っていきます。そこで弱まる渾身スキルの
 補助としてアークとグングニルでクリティカルを狙いました。

 加護石はゼウス×ゼウスになります。
 手動で普通に戦う場合は回復目的でルシも良いかもですね


キャラ編成
キャラ編成
 主人公アビは、
 ディスペル、ミゼラブルミスト、ブレイブソウル

 ブレイブソウルはアーマーブレイク2の方が良い
 と思います。レイジ4にしてしまうと1アビのポンバを
 崩してしまうので避けたほうが良さそうですね。

 武器編成が渾身寄りなのでHPの減少で火力が落ちます。
 なので奥義効果で全体回復やバリアの張れるルシオを採用
 しています。

 ※回復はサポアビの効果。バリアと活性は1アビ

 サブにSRセワスチアンを入れて、微量ではありますが
 毎ターン150回復しています。


75%の特殊攻撃が問題
75
 この時に敵に付与される防御upが割と高めのようで
 通常攻撃の火力がはっきり落ちました。

 バフが二重にかかっているのでディスペルが2回分
 あると良さそうですね。この編成では主人公ディスペルと
 ノアの1アビで対応しています。


50%の特殊攻撃
50
 低体温症になると混乱後睡眠とかなり厄介ではありますが
 これに対応するためにはセルエルのマウントが必要になり
 ますが、ルシオとくらべると火力が落ちてしまいます。

ルシオ採用の討伐タイム
ルシオ採用タイム
 フルオートなので上手く麻痺がはまったりはまらなかったり
 でタイムが変動しますが、3分38秒から50秒程度でした。

セルエル採用の討伐タイム
セルエルの場合タイム
 そして、こちらがセルエル採用のタイム4分24秒

 普通に考えたらマウントを使えるセルエルが有効なハズ
 なのですが、渾身寄りの武器編成という事情がありその
 影響でルシオの方が良いタイムになったんだと思います。


50%以下で麻痺解禁
50以下になると麻痺解禁
 また50%以下になると麻痺系の弱体効果が有効になり
 運良く入るとフルオートでも安全に討伐できますね。

 このあたりはノアとソーンさんの相性の良さというのがあり
 ノアの奥義効果の奥義ゲージ上昇量upと連撃率up。さらに
 1アビの永続型の弱体耐性ダウンこれらにより
 ソーンさんの奥義頻度が上がりなおかつ弱体効果も
 入りやすくなっています。


25%の特殊攻撃
25
 50%以下、後半戦になると敵の防御係数?というのが
 下がるそうで、ダメージが入りやすくなります。
 なのでそのまま押し切れると思います。
 
 手動の場合はアーカルム召喚石のハングドマンを
 入れておくといいかもですね。


 ノアは3アビが選択型のアビリティなのでフルオートでは
 使用されないことから、あまり相性が良くないのではと
 予想していましたが

 実際には永続デバフやそれに付随したサポアビ効果の
 奥義性能upなどで火力の底上げにかなり貢献して
 くれていると思います。

 他にも攻撃アビ(赤枠)で回復をしてくれる
 水着ハールートマールートもフルオートに
 向いているようですね。



◆おまけ

 アーク入り天秤編成は今のところ確定クリティカルに
 するのが難しく、あまり推奨されている感はないのですが
 アーク技巧(大)+グングニル技巧(中)だけでも

 12 + 6.5 = 18.5

 18.5 × 3.8(両面加護) = 70.3%発生?

 なので割とアリなのではとも思っています。
 が、やはりダマヒヒは貴重なのでなるべくなら
 温存しておきたいですよね。悩ましいところです。



◆150HELLフルオートについて

 今回の闇有利古戦場から実装の難度150HELL。
 95HELL同様マグナ編成でもフルオート機能で
 楽できないかいろいろ試してみました。

 先に答えを言ってしまうと、マグナ編成のフルオートで
 味方を落とさず安定して周回するのはかなり難しいですね。

 敵の防御値がかなり高いらしく、背水状態ですらまともに
 与ダメージが出せません。ダメを増やすためには
 セレストマグナ・クローを増やしたいところですが
 
 フルオートでは回復アビや召喚を使ってくれないので
 最大HPを減らすこともできず、かなり厳しいですね。

 加護が得られないのを承知でマジェスタス(ヤシの木)を
 入れてもみましたが、被ダメージをそこまで抑えられないうえ
 HPも火力も落ちるので微妙でした。


武器編成
武器編成
 武器編成は正直これ以上いじりようがなく
 杖3か杖2+マジェスタスか杖2+アビスルック
 どれも一長一短といった感じでした。

 とにかく被ダメを減らしたかったので、
 マグナ版マジェスタスが欲しかったですね。

キャラ編成
キャラ編成
 主人公はドクターでニュートリエント、ミスト、ディスペル
 サブはシスとニーア。水着ゾーイはコンジャクション後
 デスで落とすので、実際に戦う4番手はシスになります。

 Wディスペルスロウの黒騎士と火力役のシスは外せないので
 フェリ枠をいろいろ入れ替えて試してみましたが、
 結果はあまり変わりませんでした。

 加護石はマグナ×バハムート

ぎりぎりクリア可能な程度
ギリギリ討伐
 自動アビ回復のある黒騎士と、奥義ごとに回避ができる
 シスは生き残りやすいのですが、ドクターのサポアビで
 回復している程度では主人公とフェリのHPを維持できず

 ニーアのリレイズをもってしても誰も落ちずにクリア
 できるかは運次第という感じでした。

バトル結果
ドクター杖3フルオート10分
 こちらは上手くいった場合の結果。
 団バフありの好条件でなんとか10分といった感じでした。
 

まとめ

 なんとかしてマグナでもフルオート行けますよ。
 という形にしたかったのですが、
 残念ながらちょっと難しかったですね。

 最後までキャラ編成や武器編成を練ってみましたが
 安定したフルオートというのはできませんでした。

 むしろ一番影響があったのは、黒騎士さんのWディスペルが
 上手く決まって、敵の防御バフとTAバフが即消去できるか
 どうかというのが大きく影響していたような印象でした。
 







↑このページのトップヘ