について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

カテゴリ: 十天衆

◆ソーンとフュンフの優先度について

 闇有利古戦場では直前に調整の入った
 闇の十天衆シスが大活躍しました。
 そこで気になるのは次回光有利古戦場。
次回は光有利
 次回は来年1月開催で、敵は闇属性つまり光有利となります。

 光属性は十天衆が2人いるのでどちらを優先して取るべきなのか?
 あるいは、どちらを先に最終するべきなのか?
 という疑問を持っている方も多いと思います。

 ということで今回は
 ソーンとフュンフの役回りについて簡単にまとめてみたいと思います


 性能を一から十まで書かれても使ってみなければ
 分からないことも多いとおもうので、端的に
 ざっくりおさらいすると、

最終ソーン
ソーン
・奥義バフで味方火力を1.5倍にできる

・麻痺が使える 

※未最終でも麻痺自体は使えますが延長ができません。


最終フュンフ
フュンフ
・味方全員の回復ができる

・味方全員のバステが全てクリアができる

※通常のクリアと違いすべてのバステが一度に解除できます。


 一般的にマグナではソーン優先、神石(ゼウス)ではフュンフ優先
 といった感じで語られることが多いと思います。
 が、それは普通に戦った場合の話。


つよバハ自発 (Lv150 プロトバハムート)

 強敵相手たとえばつよバハ自発などでは、マグナでも
 フュンフの重要度はかなり上がり必須クラスです。

 つよバハを自発をすると、こちらが動く前に強制的に
 味方全員にラグナロクフィールドがかけられます。
ラグナロクフィールド
 ここで厄介なのがアビ封印と複数のデバフ。
 あらかじめクリアオール役などが設定されている場合以外
 基本的には自力で解除することになりがちです。

 アイコンを見てわかるようにフュンフにはアビ封印が
 かかっていません。これはフュンフのサポアビの効果で、
 これにより2アビ使用ですべてのデバフを即解除できます。


光有利古戦場

 さて難しいのは、古戦場でどちらがより活躍するのか?
 150HELLともなれば、かなりの強敵になると予想され
 ますし、フュンフがかなり重要になりそうな気がします。

 しかし、フルオートで急がず貢献度を稼ぐスタイルが
 出てきた今、フルオートで何もしてくれないフュンフは
 そこまで使わない可能もあります。
 ※フルオート機能は緑枠のアビリティを使用しません。
 
 対してソーンは、肉集めで黄龍クリュサオル編成を
 使う場合二番手に使うことになると思いますし。
 150HELLフルオートでもバフ役として
 採用する候補になりそうです。

 そうなってくると一周まわってやはり最終ソーンが
 優先で、次に最終フュンフという感じにおさまるのかな
 と思います。


おまけ

 箱空け作業中思わぬ落とし穴に引っかかりました
箱堀おわり
 十天衆最終が終わっているので、天星器を集めるのは
 スキン目当てという事になりますが、かなりのコストを
 要求されるのであくまでいつかできたらいいな程度に考えています。

 今回分の目当ての天星器(四天刃)を集め終え、
 残りの戦貨を初めてダマスカスダスト交換にしてみました。

 そこで引っかかったのが
 「ダマスカスダストは44箱目のボックスまで
 というところ。
ダマスカスダストリミッター
※後から調べたら注意事項にはちゃんと書いてありました。

 ダマスガスダストは、ダマスカス鋼に交換するまでに
 120個も必要で、あまりに効率が悪いので
 これまで交換に選んでいませんでした。

 ダマスカスダスト4個=ダマスカス磁性粒子
 
 ダマスカス磁性粒子3個=ダマスカス骸晶

 ダマスカス骸晶10個=ダマスカス鋼


 このうえ1古戦場あたりの交換限界まであるとは
 なかなか厳しい道のりですね。


◆闇十天衆シス(最終)について

 火有利古戦場も実質終わり、今回貰える勲章交換で
 ヒヒイロカネを選択して十天衆にするか
 玉髄にして十賢者にするかという
 選択に迫られる方も多いと思います。

 そこで今回は闇唯一の十天衆シスの能力について
 簡単にまとめていきたいと思います。


・シス(最終)
シス
 闇属性 種族エルーン 格闘得意

・アビリティ
奥義とアビ
 奥義効果は敵に恐怖、自身に幻影と回避率up

 1アビ、3アビともに自己バフで火力上げ、
 2アビも自身の連撃で攻撃面強化。

 十天衆共通の10ターン後使用可能になる4アビは
 効果中回避と2回攻撃行動。これも自身のみ
 ほとんどすべての効果が自身のみ。

 とにかく自分だけどんどん強くなる
 というのがシスの特徴ですね。


実際のところ

 よく聞く話ではシスの最終優先度は低く
 あまりお勧めではないというような印象ですが、
 実際のダメージはどうなのか?

 そこで、

A.背水剣パーティにシスを入れた場合

B.非背水
短剣パーティにシスを入れた場合

 で端的に見てダメージはどうなのか
 試してみたいと思います。

 方法としては初手デス召喚で全員4ターン
 トリプルアタックにして、効果時間の4ターンの間
 攻撃したダメージを見てみたいと思います。
 
 召喚は最初のデスのみアビはそれぞれ使用しています。

 ※シスと他のキャラとの比較なので細かいとこは割愛。


A.背水剣パ
背水剣パ
 仲間は剣得意でそろっていますが主人公はパラゾニウムを
 装備させるためにウォーロックになっています。
 今回はチョークチェイサーはナシにしています。

 ゾーイはコンジャクションを使った後デス召喚で
 シスと交代になります。

A.シス4ターン目
背水パ+シス
 
約73万+追撃

A.ダメージログ(4ターン)
Aダメログ2
 シスのダメージは平均あたりといった感じ、
 主人公やヴィーラとも100万弱程度の違い。

 シス以外のメンバーはコンジャクションによって背水の効果で
 火力が上がっているうえ、オメガ剣などの差もあります。

 シスはそれらが乗っていなくてこのダメージなので
 当人の地力の高さが出ていると思います。


B.非背水短剣パ
非背水短剣パ
 この編成はオメガ短剣(無垢)の渾身と
 ドクターのニュートリエントのストレングスで
 ダメージを出す編成になります。

 こちらのターニャもアビ使用後デス召喚で
 シスと交代します。

B.シス4ターン目
渾身+シス2
 約73万+追撃

B.ダメージログ(4ターン)
Bダメログ2
 こちらでも十分なダメージを出せていますね。

 こちらではニュートリエントのストレングスバフも
 貰っているので与ダメが少し増えていますが、
 オメガ短剣(無垢)の渾身は当然受けていません。

※ヴァンピィは自動発動のアビリティダメージで
 与ダメが多くなっています。


まとめ

 シス自体は自己バフによってかなり火力が高く
 どの編成に入れてもそん色なくダメージを出せます。

 ただ逆に言うと戦力がそろってくるとわざわざ入れなくても、
 ということで優先度が低くされがちになっていると思います。

 なので、キャラがそろっていないほど重要度が高く
 火力役として活躍する。という感じになるかと思います。

 また、今回のテストではデスのバフ効果時間4ターンという
 背水やストレングスバフに都合のいいタイミングで区切りましたが、
 より長期戦となればHPの増減に関係しない
 シスがさらに有利になっていくと思います。








◆古戦場勲章交換の優先度について

 勲章の交換は基本的にヒヒイロカネ、セフィラ玉髄、金剛晶からの
 選択になります。何か明確にすぐ凸りたい召喚石があれば
 もちろん金剛晶優先もあるとは思いますが、
 
 難しいのはヒヒイロカネで十天衆加入(上限解放)か
 セフィラ玉髄で十賢者かという選択になると思います。
 
 具体的な例として火属性の最終エッセルとアランの
 特徴的な運用で比較してみました。

・エッセル4アビのダメージ↓
魔法戦士+天秤8814万
 エッセルの最大の特徴はなんといってもその超火力。
 4アビの解禁まで10ターンかかるのと魔法戦士などの
 下準備が必要となりますが非常に強力です。

・アラナン2アビのダメージ↓
メカニックアラナン
 アラナンの一番の特徴でもある2アビ。
 メカニックの全体ポンバでアラナン2アビに必要な
 奥義ゲージを稼ぎ初手から味方全員TA+追撃に
 シヴァ召喚をあわせ大ダメージを狙うというもの。

 素の火力が高ければ高いほどTA+追撃の効果は
 大きくなるので、どちらかというとマグナより
 神石の方が恩恵は大きいかもしれません。


◆まとめ

 十賢者、十天衆すべてを細かく比較することは無理なので
 今回は端的に特徴的な運用を引き合いに出して
 十天衆と十賢者どちらの方を優先してする方が良いのか
 ということを考えてみましたが、

 正直場合によるという感じかなと思います。
 基本的には十天衆の方が戦力強化につながると思いますが、
 特定の状況や運用方法では十賢者もアリという感じですね。
 
 今後十賢者の取得が増えていけば、
 この属性は賢者を優先の方がいいというような認識が
 広がっていくかもしれませんね。


◆十天衆上限解放にヒヒイロカネを2個使ってもいいのかについて

 火有利古戦場まであとわずかということで、
 意識は準備から勲章の交換用途やどの天星器を集めて
 どの十天衆を加入させるかあるいは上限解放させるか
 というところに移ってきていると思います。

ヒヒイロカネ
 そこで、たびたび疑問にあがってくる
 「十天衆上限解放にヒヒイロカネを2個使ってもいいのか
 について考えてみたいと思います。


・効率視点では…

 まず大正義、効率的なヒヒイロカネの運用という視点で考えると
 これは単純にヒヒイロカネがそうそう手に入らない貴重品なので
 十天最終にヒヒイロカネ2個使うのは当然ナシということになります

 時間と手間はかかりますが、対象の天星器を40本集めるという流れが
 無難な選択となります。

 最終的に十天衆十人加入させることを考えればヒヒイロカネに
 余裕はほとんどありませんし、それぞれの上限解放のことも考えれば
 なおさらです。

 ヒヒイロカネの入手機会としては、

・四象降臨でクロム鉱が集められ現在交換在庫が最大11個(?)

・古戦場勲章で交換

・年に数回の生放送プレゼントでもらえる可能性

・強バハやアルバハHLなどからのごく低確率のドロップ

 とかなり限定的で、
 クロム鉱と交換が終われば古戦場以外は計算できない
 感じになると思います。それほど貴重なので大事に使いましょう

 と、ここまでが普通の回答になるかと思います。


・逆に2個消費の上限解放メリットは…

 個人的には最初の十天衆最終解放にはヒヒイロカネ2個消費はあり
 だと思っていて、実際ソーンさんを最初に解放にしたときは
 2個使ったと思います。

・最終解放で特に強力になる十天衆
ソーンニオエッセル
 どの十天衆も最終上限解放でかなり強力になるので
 一概に誰がヒヒイロ2個消費してでもアリか
 ということは言えませんが、

・(光)ソーン 天星器…二王弓

 麻痺60秒を4アビで延長可能(+90秒)になり、強バハでは必須に。
 奥義効果で味方にクリティカル発動率100%威力+50%のバフも撒ける

・(風)ニオ 天星器…九界琴

 元々強力だった味方全体バフがさらに強化され
 攻撃30%upとDATA率upが追加される。
 4アビは味方全体TA100%に追撃50%が4ターンと強力で、
 シヴァなどを利用すればエッセルに次いで超火力を出せるようになる。

・(火)エッセル 天星器…十狼雷

 2アビが強化され相手の状態にかかわらず強襲状態にできるようになり、
 4アビで味方全員TA+追撃+一撃のみ火力超強化で
 瞬間火力ではおそらく最強キャラになると思います。


 長期的に数字(ヒヒイロカネの数)を見れば損の様に見えても
 これらの強力な能力を持った十天衆をいち早く強化させることは
 戦力が目に見えて上がりイベント攻略やアイテム集めも
 楽になっていきます。
 
 単純に目当てのキャラをいち早く強化したいというのもいいですし、
 手薄な属性の戦力を早く何とかしたいというのも
 間違いではないと思います。

 ただ、あくまで2個消費の上限解放は1人か2人までの
 例外として抑えておかないと
 後が大変になるのは言わずもがなとなります。



◆おまけ

 季節の変わり目で急激に気温が変動しています。
 みんなも体調管理には気を付けようね。





◆最初はサラーサ、エッセルが鉄板

 まず大前提としてお気に入りのキャラがいるので欲しいという場合だったり
 明確な使用目的があってこのキャラを優先させたいという方は
 お勧めに関係なく取ってしまって問題ないです。

 グラブルを続けていけば、どの道十天衆全員加入・最終解放することになるので
 どのキャラを最初に加入させるかはそれほど問題にならないと思います。
 
 その上で少しでも効率よく行きたいということであれば

・サラーサ 対応天星器 三寅斧 (斧)

・エッセル 対応天星器 十狼雷 (銃)


 この二人をとにかく加入だけさせるのがいいと思います。

・サラーサ↓
サラーサ
 サラーサはその代名詞でもあるアビリティ、グラウンドゼロこれにより
 島ハードなどの日課周回が一気に楽になります。

 これはディスペアー剣聖などでも同様の運用ができるので
 すでにディスペアー編成が用意できている場合は少し優先度が下がりますが
 リヴァイアサンやセレストはHPが高いので一撃で倒し切れません。

 アビリティダメージ上限装備が無いうちは、ディスペアー+グラゼロという形の
 ほうが早くて安定すると思います。


・エッセル↓
エッセル

 エッセルも通常戦力目的としてではなく、
 サポートアビリティ「魔弾の射手」アイテムドロップ率5%
 このドロップupの効果ねらいで加入優先度が高くなります。

 グラブルは終始強力な武器やその素材となる交換アイテムを集めるゲームなので
 とにもかくにもドロップ率upが重要になります。

 その効果はわずかな違いであっても長くグラブルをプレイしていくにつれ
 早めに加入した恩恵も大きくなっていくはずです。


◆サラーサ・エッセル以外の優先度

 サラーサとエッセルの加入はおもにグラブルをプレイしやすくする目的の
 お勧めとなります。そのため加入しても使わないというムダが起きません。
 それ以降の加入優先度の考え方としては、

・SSRが埋まっていない属性の強化

・次回古戦場の有利属性の強化


 という感じになると思います。

 まだグラブルを始めたばかりでフロントメンバーにSRが混じっている段階であれば
 未最終状態の十天衆でも十分戦力の増強になるので、
 弱い属性のデッキを強化するという目的での選び方でいいと思います。

 ある程度装備やキャラがそろってきて
 次の古戦場がんばりたいという段階になってきたら、
 次回古戦場の有利属性の十天衆を選択するのもいいかもしれません。

 ただし、十天衆を火力面での戦力として考えた場合、
 未最終状態ではフロントに入らない(選ばれない)場合があると思います。

 特に次回古戦場の有利属性である水属性の十天衆

・ウーノ 一伐槍 (槍)

・カトル 四天刃 (短剣)


 この二人は未最終状態ではその本領を発揮できず
 残念ながらSSRキャラの中でもあまり強くない部類になります。

 ウーノもカトルも最終上限解放で一気に有用になるタイプの十天衆なので
 もし戦力として加入を考えている場合は、最終解放まで行けるかどうか
 というのも選択の重要なポイントになると思います。






↑このページのトップヘ