について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

2020年01月

◆光有利古戦場お疲れ様でしたについて

 今回の古戦場は100HELL150HELLの解禁された
 3日目4日日目がちょうど土日にはまったことで
 だいぶ貢献度が伸びたみたいですね。


・3日目4日日目のフルオート

 3日目は150HELLフルオートで回していましたが
 敵の硬さが尋常でなくなり、肉効率を考えれば
 150HELLが良くても、ダメージが通りにくいので
 貢献度はかなり稼ぎにくくなってしまいました。
150フルオート12分
 良いタイムでも12分。悪いと14分という感じでした。
ノアゾーイルシオ14分
 アサルトタイムや役職バフが入ればタイムが縮むかと
 思いましたが、ほとんど変わらないか悪くなるぐらいでした。
 おそらく初手フルチェで削りすぎて敵の特殊攻撃を
 多く貰ってしまっていたのではないかと思います。


フルオートキャラ編成
キャラ編成
 ルシオだけでは回復が間に合わないので主人公アプサラスの
 水鳥の歌詠(斧装備で吸収アビ化)と銃ゾーイを採用して
 3アビの吸収でさらに回復成分を増やしました。

 ただこの安定重視編成の主人公アビ構成は
 水鳥の歌詠、ミスト、グラビティで、防御下限に
 できないのであまり良くなかったのかもですね。

 また、フルオートで赤枠の回復アビを使ってくれる
 水着ハールート・マールートが居たらもう少し
 良くなったのではとも思います。


武器編成
武器編成
 前回まで様子見で装備していたアークを外し、
 スレイプニルシューを入れて背水と堅守に期待しました。


 4日目からは100HELLフルオートにしました。
ソーン入り編成
 100HELLはそこまで長引かないので、安定のために
 採用していた銃ゾーイを抜いて、ソーンさんにしました。


 100HELL 貢献度268万 討伐時間7:30~8:20
 1時間当たり7周とすると、1,876万

 150HELL 貢献度360万 討伐時間12分~14分
 1時間当たり4周とすると、1,440万

 フルオートなのでそこまで効率を考えずにいましたが、
 長時間回すことを考えるとかなりの差が出てきてしまう
 ということですね。


 今回の光有利古戦場のフルオート環境で
 一番活躍したのはルシオだったように感じます。
100HELLなら上限ダメのルシとソーン
 デメリット付きの強化サポアビを嫌ってあまり使われて
 いない感じのルシオ君でしたが、味方全体バリアと活性
 奥義回復などで、むしろ生存しやすいくらいでした。

 シス同様一人で勝手に強い上に2アビのダメージも
 奥義並みに強力になって行くので、フルオート機能に
 かなりフィットしていましたね。


◆おまけ

 スペシャルバトルの金剛晶チャンスは…
spバトル報酬
 残念ながら金剛晶はナシでした。
 早速、報酬でもらったSSR確定チケも
 使ってみました。
クリムゾンフィンガー
 SSR 火格闘武器「クリムゾンフィンガー」

 なんだかヴィンテージシリーズの確率高めに
 なっているんでしょうかね。今回の武器は
 一昔前の背水神石編成で使われていたものなので
 割と実用的な当たりという事になると思います。



◆95HELLフルオート編成について

 光有利古戦場本戦開始とともに95HELLも始まりました
 もちろん手動できっちりリロードした方が早く討伐
 できるのですが
グレートウィンター
 そこは長丁場の古戦場。
 ずっとぽちぽちしているのも大変ですよね。
 ということでフルオート編成を考えてみました。


武器編成
武器編成
 神石の天秤編成にアークを足してクリティカルを期待した
 形にしました。といってもまだ様子見で無凸状態です。

 フルオート機能は回復アビ(緑枠)を使用しないので
 徐々にHPが減っていきます。そこで弱まる渾身スキルの
 補助としてアークとグングニルでクリティカルを狙いました。

 加護石はゼウス×ゼウスになります。
 手動で普通に戦う場合は回復目的でルシも良いかもですね


キャラ編成
キャラ編成
 主人公アビは、
 ディスペル、ミゼラブルミスト、ブレイブソウル

 ブレイブソウルはアーマーブレイク2の方が良い
 と思います。レイジ4にしてしまうと1アビのポンバを
 崩してしまうので避けたほうが良さそうですね。

 武器編成が渾身寄りなのでHPの減少で火力が落ちます。
 なので奥義効果で全体回復やバリアの張れるルシオを採用
 しています。

 ※回復はサポアビの効果。バリアと活性は1アビ

 サブにSRセワスチアンを入れて、微量ではありますが
 毎ターン150回復しています。


75%の特殊攻撃が問題
75
 この時に敵に付与される防御upが割と高めのようで
 通常攻撃の火力がはっきり落ちました。

 バフが二重にかかっているのでディスペルが2回分
 あると良さそうですね。この編成では主人公ディスペルと
 ノアの1アビで対応しています。


50%の特殊攻撃
50
 低体温症になると混乱後睡眠とかなり厄介ではありますが
 これに対応するためにはセルエルのマウントが必要になり
 ますが、ルシオとくらべると火力が落ちてしまいます。

ルシオ採用の討伐タイム
ルシオ採用タイム
 フルオートなので上手く麻痺がはまったりはまらなかったり
 でタイムが変動しますが、3分38秒から50秒程度でした。

セルエル採用の討伐タイム
セルエルの場合タイム
 そして、こちらがセルエル採用のタイム4分24秒

 普通に考えたらマウントを使えるセルエルが有効なハズ
 なのですが、渾身寄りの武器編成という事情がありその
 影響でルシオの方が良いタイムになったんだと思います。


50%以下で麻痺解禁
50以下になると麻痺解禁
 また50%以下になると麻痺系の弱体効果が有効になり
 運良く入るとフルオートでも安全に討伐できますね。

 このあたりはノアとソーンさんの相性の良さというのがあり
 ノアの奥義効果の奥義ゲージ上昇量upと連撃率up。さらに
 1アビの永続型の弱体耐性ダウンこれらにより
 ソーンさんの奥義頻度が上がりなおかつ弱体効果も
 入りやすくなっています。


25%の特殊攻撃
25
 50%以下、後半戦になると敵の防御係数?というのが
 下がるそうで、ダメージが入りやすくなります。
 なのでそのまま押し切れると思います。
 
 手動の場合はアーカルム召喚石のハングドマンを
 入れておくといいかもですね。


 ノアは3アビが選択型のアビリティなのでフルオートでは
 使用されないことから、あまり相性が良くないのではと
 予想していましたが

 実際には永続デバフやそれに付随したサポアビ効果の
 奥義性能upなどで火力の底上げにかなり貢献して
 くれていると思います。

 他にも攻撃アビ(赤枠)で回復をしてくれる
 水着ハールートマールートもフルオートに
 向いているようですね。



◆おまけ

 アーク入り天秤編成は今のところ確定クリティカルに
 するのが難しく、あまり推奨されている感はないのですが
 アーク技巧(大)+グングニル技巧(中)だけでも

 12 + 6.5 = 18.5

 18.5 × 3.8(両面加護) = 70.3%発生?

 なので割とアリなのではとも思っています。
 が、やはりダマヒヒは貴重なのでなるべくなら
 温存しておきたいですよね。悩ましいところです。



◆アサルトタイム中アビ0ポチキルについて

 武器編成を神石終末5凸入り天秤編成に変更したことで
 AT0ポチによるキルがぎりぎり可能になりました。


武器編成
武器編成AT
 武器は前回の天秤編成とほとんど同じですが
 メイン武器は黄龍槍になっています。

 今回はアサルトタイム用の編成なので、
 加護石はゼウス×ゼウスになります。


キャラ編成
キャラ編成
 当初のキャラ編成は黄龍クリュと同じでしたが


フレ石ルシだとまれに失敗することも…
1残し
 クリュの様に奥義を二回撃つキャラが居ないので
 火力が上がっても奥義ダメージ上限部分が足りず
 下ブレするとギリギリ倒し切れないようです。
 
 ゼウス×ゼウスの場合はサティフィケイトの必殺スキルが
 両面加護のおかげで増加し、奥義ダメージ上限も伸びるので
 ミスなく倒し切れていました。


 肉集めで何度も戦っているとフレゼウスが
 枯渇してしまうこともあるのでなんとかしたいところです

 キャラが居れば光シルヴァサブ運用の追加ダメージで
 補助してあげるのが楽そうですね。

 あとはタミンサリを武器編成に追加してさらに
 ダメージ上限を伸ばす方法もありますが、
 ダマスカス鋼を今から使用するのはためらわれるところ

 
キャラ編成変更
キャラ入れ替え
 ということで苦肉の策、
 不足分をジュリエットの奥義+追加ダメージによって
 補う編成になります。

 従来のマグナ編成であれば素の奥義威力不足で
 追加分の恩恵が薄くなってしまいがちでしたが

 終末5凸渾身に強化したことで火力自体は問題なくなったので
 単純に追加ダメージがある分ジュリエットの方が最終ソーンより
 奥義ダメージを出せるようになりました。


AT0ポチ(ジュリエット入り)
フレルシでも大丈夫
 これでフレゼウスでもフレルシでも安定して討伐可能になりました。


 奥義ダメージの違いとしては、
ソーンさんの場合
 最終ソーン奥義ダメ  409万

ジャンヌ奥義320+97
 ジュリエット奥義ダメ 329万+追加ダメ97万=426万

 奥義ダメージ自体は久遠の指輪の効果もありソーンさんの方が
 高いのですが、追加ダメージ込みで見るとジュリエットの方が
 わずかながら高くなりました。


 今後、この光神石の天秤編成をどの程度活用するのか
 それ次第では、早々にタミンサリを導入した方が
 良いような気もしますね。



◆おまけ

 マキラ最終解放が来ましたね。
マキラ最終
 てっきり月末のレジェフェスに合わせて発表と
 予想していたので不意を突かれた感じですね。

 性能強化については使ってみないとわかりませんが
 オールポーション生成ということは長期戦用強化
 ということなんでしょうか?



◆光属性黄龍クリュサオルの終末5凸渾身と天秤について

 光有利古戦場直前ギリギリにようやく終末武器を5凸に
 できたので、黄龍クリュ編成に組み込んだらどうなるか
 簡単に試してみました。

 せっかくなので、単純に終末武器を組み込んだ編成と
 天秤を組み込んだ編成とで両方試してみました。


a.武器編成(終末5凸渾身+リミ武器2)
武器 終末5凸渾身
 以前までに用意しておいた黄龍クリュサオル編成の
 終末4凸が5凸渾身に変わったのみです。リミ武器は
 エデン1とサティフィケイト1です。

 加護石は神石×黄龍になります。
 また古戦場直前なので団の光炉(10%)が入っています。


a.奥義ダメ(2ポチのみ)
2ポチ奥義ダメ
 2,279万ダメージ

 アビリティ使用は主人公クリュサオルのデュアルアーツと
 アーセガルのいわゆる2ぽちのみになります。

 以前のテストでは炉を入れたら届くのではという程度でしたが
 今回は炉アリなのもありますが、ダメージにいくらか余裕が
 生まれるほどになっていますね。
 

a.ダメログ
2ポチダメログ
 クリティカルのブレがあってもロボミの奥義ダメは同じ
 だったので360万が上限みたいです。


b.武器編成(終末5凸渾身天秤)
武器編成 5凸天秤
 せっかく強い武器が増えたので、天秤編成の方も
 試してみました。とはいっても支配の天秤と黄龍刀を
 入れた程度なのであまり強くなった感はないですね。

 ただ天秤のスキルでダメージ上限が10%高くなっているので
 素の火力自体が高ければ、そのまま与ダメージが上がり
 逆に素の火力が不足していると無用の長物になることに。


b.奥義ダメ(2ポチのみ)
天秤奥義ダメ
 2,378万ダメージ

 差としては99万プラス。ということでわずかでは
 ありますが増えましたね。


b.ダメログ
天秤ダメログ
 ソーンさんとルリアはクリティカルでブレが出ている
 と思いますが、ロボミは分かり易く10%伸びている
 様に見えますね。

 デバフなしのクリュサオル運用でもダメージが微増なので
 通常の戦闘であればおおむね天秤編成の方が良さそうですね。
 









◆光黄龍クリュのメイン武器比較について

 光有利古戦場が間近に迫り、肉集め(EX+)用の
 編成を考える中で一つの疑問がありました。
 メインをコロゥ剣にするかヴァッサーにするかです。
 
 コロゥ剣にはEX(特大)と渾身があり明らかに強力です
 対してヴァッサーは奥義に追加ダメージがあるものの
 EX攻刃が減りますし、渾身もなくなります。

 ということで、実際に試してみました。
 光属性マグナ黄龍クリュの古戦場肉集め編成という考えで
 メインで装備する武器を比較します。


武器編成
武器
 今回はここからメイン武器のみを入れ替えて比較します。

コロゥ剣(真・道天浄土)

・英雄武器ヴァッサーシュパイアー(第二スキル魔獄)

 火力的にはミトロンの弓を入れた方が良いのですが、
 技巧によりダメージがまちまちになってしまうので
 今回はあえて外してあります。


キャラ編成
キャラ
 キャラ編成は、古戦場肉集めで使用予定だった
 ソーン(最終)、ルリア、水着ノイシュになります。


 まずは黄龍クリュサオル編成の最低限のポチ数である
 2ポチのみのでのダメージを見てみます。

・主人公…デュアルアーツアーセガルのみ

 加護石はマグナ×黄龍になります。


コロゥ剣メインのダメログ
コロゥ剣マグナログ
 1,308万ダメージ


光ヴァッサーシュパイアーのダメログ
ヴァッサーマグナログ
 1,233万ダメージ


 結果としてはメイン装備コロゥ剣は1,308万ダメージで、
 ヴァッサーは1,233万ダメージとなりました。
 
 やはりコロゥ剣のEX攻刃と渾身の火力が減ったのが大きく
 ひびいてしまいました。ヴァッサー側は奥義追撃分主人公だけ
 与ダメージが増えていますが全体としては減っていますね。


 では今度はバフ、デバフ有の状態でテストしてみます。

・ノイシュ…3アビ(味方奥義バフ)、2アビ(光防御ダウン25)

・主人公 …ミゼラブルミスト(両面ダウン25)
      デュアルアーツ、アーセガル


コロゥ剣メイン(バフデバフ有)
コロゥ剣メインバフデバフ有
 2,416万ダメージ


ヴァッサーメイン(バブデバフ有)
ヴァッサーメインのデバフ有のダメ
 2,534万ダメージ


 結果は、コロゥ剣メインが2,416万ダメージ
 ヴァッサー側が2,534万ダメージとなり
 逆転しましたね。

 2ポチのみのテストでは火力元の減少をもろに受けた
 ヴァッサー側が低くなりましたが、バフデバフで
 火力を補ってあげると与ダメージの差が縮まり

 奥義追撃のある分ヴァッサーの方がダメージが多くなりました。


 このことから元々の火力が高い神石編成やバフデバフを
 最初から使う想定のマグナ編成であればヴァッサーの方が
 優勢になり易くなるのではないでしょうか。
 
 


おまけ

 ついでに簡易神石編成(リミ武器2、終末4凸)ではどうなるか
 試してみました。


武器編成(神石)
神石武器編成
 このテストもメイン武器のみの入れ替えてのテストになります。
 リミテッド武器は、エデン1とサティフィケイト1のみ

 加護石はゼウス×黄龍になります。


コロゥ剣メイン(2ポチのみ)
コロゥ剣二ポチ
 1,971万ダメージ

 アビポチは主人公デュアルアーツ、アーセガルのみで
 バフデバフはなしです。なので、水着ノイシュを外して
 奥義火力の高いロボミを入れています。


ヴァッサーメイン(2ポチのみ)
ヴァッサー二ポチ
 1,942万ダメージ


 結果としてはほとんど互角、同程度になりました。
 わずかにコロゥ剣の方が高い感じですね。

 おそらくここからさらにリミ武器を足していくと
 ヴァッサーの方が強くなっていくのではないでしょうか。

 団の光炉が入ればどちらでも2,000万行けそうですね。

↑このページのトップヘ