について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

2019年09月

高難度ソロバトルPROUDについて

 今回のジークフリートから実装の
 高難度ソロバトル「PROUD

 マグナ2編成が完成していてもかなり難しく
 当初、神石編成でなければクリアできないのでは?
 とも思われました。それほど厳しかったですね。

プラウド

 
・難しさの原因は…

 まず十天衆対策ともいえる敵の設定や行動があります。

 十天衆は加入や最終などの手間はありますが
 誰でも時間をかければ仲間にできます。
 能力も特別高いのでスタメンで使っている方も多いと思います。

ニオ対策
ニオ対策
 まず最初の敵「龍ジークさん」

 ニオの最大の特徴的なアビ「ニンナアンナ」
 この昏睡がレジストされる設定になっています。

 昏睡がかかって何もしてこない間に一気にHPを削る
 ということができなくなっています。

シエテ対策
マニガンス
 そしてすぐさまかけられる敵のバフ「マニガンス」

龍ジークさんのバフ
ジークのバフ
 ずらりと並んだバフ内容を確認してみると、
 攻撃upや防御upのみならず「奥義ダメージカット50%

 これはまさにシエテの最大の売りである
 いるだけで奥義威力を上げてくれるサポアビ
 天星剣王の「味方全体の奥義ダメージ50%up

 これをまるまる無駄にしてしまうことになります。

 ※奥義被ダメの50%カットということだと思うので
  シエテだけが損するわけではありません。
  またシエテが居なくてももちろん奥義ダメージは減らされます。
 

 これらの対策で最終十天衆の火力で押し切るという作戦では
 勝つのは難しく作られていると思います。


さらに後半のグンター戦も大変
 
 当初、神石の方ならクリアできるのではと思った理由はHPの違いです。
 神石編成のHP5万前後であれば耐えて押しきれるダメージでも
 マグナ編成のHP2万程度では簡単に削りきられてしまいます。

グンターの特殊攻撃
グンター特殊
 特にいやらしいのが土の敵でありながら火属性の全体強攻撃という点
 グリームニルのガード効果で軽減してなおこのダメージ。

 回復や防御寄りの編成にしなければ対応できないものの、
 火力が減ると戦闘ターンが長くなりより不利になるという事で
 なかなか難しいと思います。


なんとか勝利
なんとかグンターに勝利
 敵の行動を確認の上対策してギリギリ勝てたという感じですね。

 いくらカーバンクルで軽減したりスロウやグラビティで遅延しても
 HPがそもそも足りないので、主人公はセージで回復を用意し
 召喚サブにルシフェル5凸を入れ回復として使いました。

 また、昏睡対策されているニオではありますが
 火力が全く足りないのでバフ役として採用しました。

 参考になるかわかりませんが一応編成を載せておきます。

今回の武器編成
武器編成
 セージのアビリティは、

 ミゼラブルミスト・グラビティ・ディスペルシージ

 ※なお防御下限に達していない事には後で気が付きました。

 メイン武器は風のオメガ杖か槍があればそちらの方が
 奥義で風属性バフがもらえていいと思います。

 左下の短剣はローズクリスタルナイフで
 土属性ダメージ軽減目的で採用しました。

 バハ武器は短剣を装備していますがフロントメンバーは
 エルーンとハーヴィンなのでスタッフの方がよかったですね。

召喚石
召喚石
 火カーバンクルはグンターHP25%の特殊攻撃対策で
 これが上手くはまらないと大体壊滅します。
 スパルタやガウェインの全属性ダメージカットも良さそうですね。

 キャラクターに関しては、やはりアンチラとユリウスが
 よく使われているようです。

 特にユリウスは攻防ダウン役にスロウとディスペルと
 一人で多くをこなせるので、居るいないで攻略難易度が
 かなり変わりそうです。


SIEGFRIED(ジークフリート)イベント武器召喚石について

 イベントで獲得できる武器と召喚石の性能について
 簡単にまとめてみたいと思います。


・イベ武器「ドラゴンバスター」
イベ武器
 土属性 斧武器

・奥義とスキル
奥義とスキル
 第一スキルはイベント武器の通例ということでEX枠攻刃

 気になるのは第二スキルの追撃その効果量ですね。
 条件はクリティカル発生時となっていますが、
 マグナ2編成であれば確定クリティカルなので常時発動。

・追撃ダメージ(バフデバフなし)
追撃は一割
 23万ダメージに追撃が2万3千

 ということでだいたい一割くらいみたいですね。

 まずまずの性能ですが、
 四天刃の様に奥義で連撃バフがまけないので、

 ベルセルクの土メイン武器として虚空斧が手に入るまでの
 繋ぎ武器という感じですね。

 それにしても、性能とは関係なく見た目として
 ベルセルクにとてもよく似合っていますね。


・イベ召喚石「眠れる竜と獅子」
イベ召喚石
 風属性

 
イベント武器と召喚石の属性が違う珍しいパターン

・召喚効果と加護
召喚効果
 イベント召喚石なのでガチャ産より加護効果量が
 抑えられてはいますが、ダブルアタック30%upというのは
 かなりおまけしてくれた感がありますね。

 序盤のマグナ編成では連撃を稼ぐ要素がほとんどなく
 キャラ性能に頼るほかありませんが、召喚石加護で
 DA30%というのは地味に大きな効果になると思います。


◆おまけ

 土属性のベルセルクメイン武器は
 最終的にオメガ剣を土で作るということになりがちですが、
 個人的には虚空斧「虚空の晶塊」も強力だと思います。

・虚空の晶塊
虚空斧
 土属性 斧武器

・奥義とスキル
虚空斧奥義とスキル
 虚空武器は主に得意武器をそろえたキャラ編成用
 といった感が強いのですが、虚空の晶塊は奥義効果も強力なので
 仲間の編成を完全に斧格闘にしなくてもアリだと思います。

 奥義効果で味方全体与ダメージ上昇効果と、トリプルアタックup
 効果量はTA35%とのこと。第一スキルでもTA10%upが付いているので
 合計TA45%とかなり連撃が出やすくなると思います。

・土属性の斧格闘得意キャラ

 メルゥ、ネモネ、サラーサ、サラ、ハレゼナ、
 アイル、メドゥーサ、ユグドラシル、バザラガ、
 ソリッズ、ダーントさん、カイムロベリア
 バアル、ファスティバ

 

◆今回のアップデートいろいろについて

 古戦場が終わり一息つけるかと思いきや
 畳み掛けるようにいろいろ実装、
 あるいは予定がなされました。

 ということでアプデ情報いろいろについて
 簡単にまとめてみたいと思います。


月末新イベント「SIEGFRIED」開催
HELLスキップ
 今回のイベントからHELLがスキップできるようになりました。
 条件は、

・一度も戦闘不能にならない

・エリクシールを使わない

・10ターン以内にクリア
 

 これらを3回達成することで、HELL出現後戦闘ナシで
 そのまま報酬を獲得できるようになります。


主人公新ジョブ「トーメンター」実装
トーメンター
 暗器から秘器に名称変更されましたが
 使い切りアイテムというのはそのままのようで、
 普段使いは難しそうですね。

 ただ、マスターボーナスが

・短剣メインの時、メイン武器攻撃力3%up

 とのこと
 これから四天刃やパラゾニウムを使うことが増える
 ことが予想されるので、ぜひ取っておきたいですね。


プレミアムフライデー
プレミアムフライデークエ
 今回は戦隊もの。ストーリーはありませんが、
 ショーを演じている設定みたいでした。
 エビ銃完凸までまだまだみちのりは長いですね。
 

カタリナ、ラカムの最終上限解放は9月30日(月)12:00

 どうやら不具合?手違い?で既にフェイトエピソードが
 できてしまっていたようですが、あくまでミスの様で
 本実装は次のガチャ更新と同じタイミングとのこと。


●エリクシール回復の仕様変更予定

 これまでは、

・エリクシール AP100回復か、最大値まで回復

・エリクシールハーフ AP50回復か、最大値の半分まで回復


 これからは、

・エリクシール AP150回復

・エリクシールハーフ AP75回復


 となるようです。


◆おまけ

 気になったのは、ゲームの根幹ともいえる行動力
 APこの回復仕様変更ですね。

 現状APの最大値が150以下なので仕様変更しても
 得しかない。ハーフを使っても回復量が以前より増える
 という感じになると思います。

 ただ、逆に言うと150以上は絶対に回復しなくなった
 とも言え。将来最大APが150を超えていった場合は
 エリクシールを使っても最大まで回復しなくなる?
 ということになると思います。

 もっとも、現在のAPの最大値はランク250でも
 140(?)のようなので、まだまだ関係がなく
 あるいは最終的に150をMAXにする予定なのかも??

古戦場お疲れ様でしたについて

 火属性有利古戦場お疲れ様でした。
 5万位ボーダーが思いのほか上昇して3億9千万と
 本戦4日目でかなり伸びたみたいですね。

 なにはともあれ、貯まった勲章で玉髄や金剛晶と交換。
 おまけに付いてくるキャラ・召喚石確定チケット、
 スペシャルバトルでもらえるSSR確定チケットを
 早速使ってみたいと思います。


獲得チケット三種
ガチャチケ三種
 キャラ確定はあくまで召喚石が出ないだけで
 レアリティが優遇されているわけではないです。

 召喚石確定チケの方も同様なので、
 基本的にはあまりいいものは出ませんが…

キャラ確定チケ
1なにこれ
 「何これ?」の謎の剣が出ました。


1カレンSR
 SRカレン
 SRキャラではありますが、新キャラはうれしいですよね。

召喚石確定チケ
2スピ+
 召喚石確定ガチャチケのほうは安定のスピリットさん。
 プラスおいしいです。

SSR確定ガチャチケ
3クラウソラス
 本命のSSR確定ガチャチケはクラウソラス
 ということでゴールドムーンでした。

 水シャルロッテの解放武器で
 第二スキルが防御upのめずらしい武器。

 神石の加護が適用されないようですが、
 高難易度の戦闘では需要があるとかないとか。 


おまけが本題

 古戦場最後のスペシャルバトルのゼウス戦。
 古戦場での団と個人成績で報酬が変わる仕様で、
 ワンチャン金剛晶がもらえる数少ないチャンス。

ゼウスリザルト
ゼウスから金剛
 ということで初めて大当たりの金剛晶が引けました!


 神石強化後でなおかつマグナの中でも弱い火属性有利古戦場。
 事前準備やいつもより多めに走ったりでかなり苦労しましたが、
 玉髄に金剛晶補充と報われる結果になってめでたしめでたしですね。

◆闇十天衆シス(最終)について

 火有利古戦場も実質終わり、今回貰える勲章交換で
 ヒヒイロカネを選択して十天衆にするか
 玉髄にして十賢者にするかという
 選択に迫られる方も多いと思います。

 そこで今回は闇唯一の十天衆シスの能力について
 簡単にまとめていきたいと思います。


・シス(最終)
シス
 闇属性 種族エルーン 格闘得意

・アビリティ
奥義とアビ
 奥義効果は敵に恐怖、自身に幻影と回避率up

 1アビ、3アビともに自己バフで火力上げ、
 2アビも自身の連撃で攻撃面強化。

 十天衆共通の10ターン後使用可能になる4アビは
 効果中回避と2回攻撃行動。これも自身のみ
 ほとんどすべての効果が自身のみ。

 とにかく自分だけどんどん強くなる
 というのがシスの特徴ですね。


実際のところ

 よく聞く話ではシスの最終優先度は低く
 あまりお勧めではないというような印象ですが、
 実際のダメージはどうなのか?

 そこで、

A.背水剣パーティにシスを入れた場合

B.非背水
短剣パーティにシスを入れた場合

 で端的に見てダメージはどうなのか
 試してみたいと思います。

 方法としては初手デス召喚で全員4ターン
 トリプルアタックにして、効果時間の4ターンの間
 攻撃したダメージを見てみたいと思います。
 
 召喚は最初のデスのみアビはそれぞれ使用しています。

 ※シスと他のキャラとの比較なので細かいとこは割愛。


A.背水剣パ
背水剣パ
 仲間は剣得意でそろっていますが主人公はパラゾニウムを
 装備させるためにウォーロックになっています。
 今回はチョークチェイサーはナシにしています。

 ゾーイはコンジャクションを使った後デス召喚で
 シスと交代になります。

A.シス4ターン目
背水パ+シス
 
約73万+追撃

A.ダメージログ(4ターン)
Aダメログ2
 シスのダメージは平均あたりといった感じ、
 主人公やヴィーラとも100万弱程度の違い。

 シス以外のメンバーはコンジャクションによって背水の効果で
 火力が上がっているうえ、オメガ剣などの差もあります。

 シスはそれらが乗っていなくてこのダメージなので
 当人の地力の高さが出ていると思います。


B.非背水短剣パ
非背水短剣パ
 この編成はオメガ短剣(無垢)の渾身と
 ドクターのニュートリエントのストレングスで
 ダメージを出す編成になります。

 こちらのターニャもアビ使用後デス召喚で
 シスと交代します。

B.シス4ターン目
渾身+シス2
 約73万+追撃

B.ダメージログ(4ターン)
Bダメログ2
 こちらでも十分なダメージを出せていますね。

 こちらではニュートリエントのストレングスバフも
 貰っているので与ダメが少し増えていますが、
 オメガ短剣(無垢)の渾身は当然受けていません。

※ヴァンピィは自動発動のアビリティダメージで
 与ダメが多くなっています。


まとめ

 シス自体は自己バフによってかなり火力が高く
 どの編成に入れてもそん色なくダメージを出せます。

 ただ逆に言うと戦力がそろってくるとわざわざ入れなくても、
 ということで優先度が低くされがちになっていると思います。

 なので、キャラがそろっていないほど重要度が高く
 火力役として活躍する。という感じになるかと思います。

 また、今回のテストではデスのバフ効果時間4ターンという
 背水やストレングスバフに都合のいいタイミングで区切りましたが、
 より長期戦となればHPの増減に関係しない
 シスがさらに有利になっていくと思います。








↑このページのトップヘ