について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

2019年05月

◆水属性確定クリティカル編成について①

 水神石編成に行き詰っている現状を打開するために
 通常技巧の確定クリティカル編成を試してみたいと思います。

・今回の武器編成↓
武器編成
 リミ武器がひとつしかないというのがそもそものつらい状況で
 それを何とかごまかすために、最近仕様変更された通常技巧の
 クリティカル発生の合算を利用しようというもの

 召喚石はヴァルナディヴィジョン(110%)×ヴァルナ(120%)


・HP確認↓
エリュHP確認
 暴君を2個も入れた影響でHPが大きく下がるのではと思いきや
 意外にHPは多めになりました。
 3万あれば大体の戦闘で問題ないのではないでしょうか

 主人公がエリュシオンなのはもちろん連撃部分をフォローするためです
 カトル君の奥義が回りだすまでの間は連撃要素がないので
 エリュシオンのアビリティコールオブアビスで味方連撃率を上げます。


・エリュシオン火力(1ターン目)↓
エリュ与ダメ1T
 50万ダメージ

 結構出ているように見えますが、アビポチをかなりしているので
 やはりマルチなどでは少し使いにくいかもしれません。


・奥義バフで盛れた状態↓
エリュ与ダメ奥義後2
 63万ダメージ ※おそらく上限

 水ゼノ琴奥義の渾身バフやリリィ奥義の水属性攻撃upのおかげで
 通常攻撃のダメージ上限まで出るようになりました。

 最終カトルとエウロペの奥義で連撃もよく出るようになるので
 アビポチや奥義の手間を考えなければかなり強いかもしれないですね。


・バフ盛り盛り状態↓
バフ盛り盛り
 バフ盛り盛りの状態で、ギリギリ減衰までダメージが出るかどうか
 という感じになりました。奥義バフ前提というのが少し気になるところ

 十分強いのですが、土や風マグナの確定クリティカル編成と比べてしまうと
 少し手間がかかりすぎるような感じがしてしまいますね。


 いっそのこと水四天刃装備のほうがいいのではないか
 ということで、ついでに試してみました。
 四天刃メイン装備ということでフィンブルをひとつ外しそこに水ゼノ琴を入れました。

・四天刃装備(2ターン目)↓
水四天刃(2T)
 26万ダメージ

 四天刃装備なので、1ターン目は当然他心陣で奥義
 ということで2ターン目のダメージなのですが結果は惨憺たるものに

 原因はやはり初手四天刃奥義のための他心陣これによりHPが減り
 渾身の効きが弱くなっている点。
 もうひとつは神石×神石の弱点である属性バフの部分が無い点。

 エリュシオンの場合、1アビコンクルージョンには自属性攻撃upが含まれており
 (楽器装備時)属性攻撃力20%が最初からかけられます。 


・四天刃装備(奥義バフあり)↓
水四天刃(奥義後)
 40万ダメージ

 リリィとエウロペのアビリティで主人公のHPを回復し、
 リリィの奥義効果味方全体の水属性攻撃25%upで属性バフをもらった状態。

 いくらか改善はしましたが、まだまだエリュシオンと比べるとダメージが低いですね
 水ゼノ琴の奥義効果の渾身とフィンブルをひとつ外した差が
 かなりおおきく出たということなんだとおもいます。

 技巧(中)を利用して確定クリティカルをしている関係上武器枠に全く余裕がありません
 なのでEX枠の武器をメインで利用できるエリュシオンは
 武器枠的にも都合がいいですね。 


◆おまけ

 すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
 実は計算違いで“確定”クリティカルに届いていませんでした。

 技巧(中)のクリティカル発生確率は7%で
 5本で35%となり、これに加護石で

 35(%) × 3.3 = 115.5(%)

 という計算と思いきや
 7%というのは技巧(大)のスキルレベル10の値でした。


 今回の武器編成では、スキルレベル10の武器を3つとスキルレベル15を2つ
 なので5%を3つと、6.1%を2つということになるので

 27.2(%) × 3.3 = 89.76(%)
  
 という計算結果になりました。

 なので実際に水通常技巧(中)で確定クリティカルを狙うのであれば
 技巧(中)のスキルレベル15が5個必要になります。

 30.5(%) × 3.3 = 100.65(%)

 
 ヴィルヘルムを5個用意すればできますが、暴君スキルを5個は
 かなりHPがきつくなりそうですね。
  
 デュランダルも技巧(中)で攻刃2も持っているので行けそうですが
 今からデュランダルを5本作るのにダマスカス鋼を使うのはもったいないですよね。
 
 となるとやはり、まだ上限解放が実装されていない水属性のリミ武器である
 フォリア武器とエウロペ武器。これらの上限解放で
 通常技巧(大)が追加されるかどうか待ちという感じになりそうですね。




◆イベント周回と戦貨について

 月末イベントの戦貨箱あけ(箱堀り)は
 一般的に、20箱までは宝晶石(石10個×10)が入っているので
 できるだけ掘った方がおいしいという感じなのですが

 ひと箱カラにするのに戦貨が約2,000枚必要になりますから
 合計で約40,000枚となります。これはなかなか大変な数字ですよね。

 イベント開催期間が9日間、開催初日と最終日は丸一日ではないので
 省いて考えると約7日間。

 必要戦貨をざっくり計算すると、

・2,118枚 × 20箱 = 42,360枚

 となり。

 これを日程で割ると

・42,360枚 ÷ 7日 = 6,052枚 端数繰上げ

 となり。大体一日に3箱空けていくかんじになります。
 これはなかなか大変。なので少しでも効率よく楽に戦貨を集めていきたいところですね

 周回効率を考えると、アサルトタイムを利用しフルチェインワンターンキルで
 VERY HARD周回してトニックフラワーを集める
 適度に貯まったらEXTREME周回で戦貨を稼ぐという感じになると思います。


◆100HELLは逆に効率が悪い?

難易度ヘル出現
 ヘルは一気に戦貨を100枚稼げるボーナス的な立場にあります
 しかし、ある程度戦力がそろってくると
 たまに差し込まれるHELLが効率ダウンとなるように


・HELLでもらえる戦貨↓
イベントヘル戦貨100枚
 土の戦貨100枚

・EXTREMEの戦貨↓
イベントex戦貨48枚
 合計で土の戦貨48枚

 単純にもらえる戦貨枚数だけ見ると倍以上HELLの方が多いです。

 しかし、EXはアサルトタイムのフルチェインでゼロぽち討伐可能で
 文字通り秒で周回ができるのですが

 HELLのバトルにはアサルトタイムが適応されません
 なので、ゼロぽちキルができず手数がかかり時間もかかるという問題があります。

 あくまでEXをアサルトタイムでゼロぽちキルができるという前提になりますが
 HELLをポチポチして倒すより、EXをサクサク秒で周回するほうが早いし楽
 という感じに。

・HELLを風黄龍×黄龍編成でゼロぽち後↓
風黄龍×黄龍でもヘル倒せない
 試しに黄龍×黄龍編成で初手3人奥義する編成もやってみましたが、
 HELLの場合HPが多くてゼロぽちでは倒しきれません。

 本来であればHELLで戦貨100枚一気にもらえるのはサービスのような感じでしたが、
 ワンターンキル特にゼロぽちキル編成の性能が上がってきている最近では
 逆に手間がかかり、少しおいしくない存在になりつつありますね。








◆キャルが遅ればせながら実装について

 サイドストーリーに「蒼空の食卓をともに」が実装され
 同時にキャルのプレイアブルキャラも追加されました。

・[謎多き猫耳少女]キャル↓
キャル実装

 コラボイベント開催当時はペコリーヌとコッコロのみ仲間として加入でき
 キャルだけ加入できず、美食殿メンバーでひとり仲間外れ状態でした。

 プリコネRの本編でのキャルのあつかいやシナリオ上の都合とも
 ささやかれていましたが、ようやく仲間にできるようになり
 喜んでいる方も多いのではないでしょうか。

・サイドストーリーの4p↓
サイドストーリーの4p
 サイドストーリーもだいぶ増えてきましたね


◆キャルの性能

キャル3
 闇属性 種族不明 杖得意

・奥義とアビリティ↓
キャル奥義アビ
 奥義は専用の自己バフ「ケイオスグリモワール」付与で
 サンダーボールを2回発動するかたちになるアビダメ強化タイプ

 アーマーダウンの効果量はまだわかりませんが
 累計ダウンなのはくさりにくくていいですね。


・サポートアビリティ↓
キャルサポアビ
 HPがすくないほど攻撃力upということなので
 水着ゾーイと一緒に闇背水編成に入れるのがよさそうですね

・リミットボーナス↓
キャルLB
 アビダメキャラらしく、アビリティダメージアップやアビリティダメージ上限があり
 闇属性攻撃upが2つに奥義ダメージ上限upもあって
 かなり優秀なリミットボーナスになっているとおもいます。

 ただ、アビダメでターンあたりのダメージを上乗せしたい場合
 奥義前提だったり、3アビのアビダメ上限アップが累計タイプ
 つまり何回か重ね掛けするのが前提になっていたりして

 即火力を出すのに向いていないような感じなのがちょっと残念ですね。


◆ド根性グローブについて

 月末の新イベント「ノーレイン、ノーレインボー」
 このイベントで追加された武器ド根性グローブの第二スキルに

 バトル開始時にガッツ効果※主人公のみ

 というめずらしいスキルがついていたので実際に試してみました。
 

・ド根性グローブの性能↓
ド根性グローブ絵
 あくまでイベント武器なのでステータスはそこそこ

・奥義とスキル↓
奥義とスキル
 第1スキルはEX攻刃
 第2スキルが問題のスキルゴングが鳴るまで倒れはしない

 

◆実際に試してみた

 ガッツ効果や奥義の逆境効果をみるには
 致死ダメージを受けなくてはいけないので、
 あえて苦手属性のグリームニル戦で試してみました。

・グリームニル戦でテスト↓
対グリームニル
 せっかくなので主人公に合わせてパーティは斧格闘得意の虚空斧編成
 ダーントとメルゥはアビリティで確定トリプルアタックを出せるので
 レスラーのツープラトン運用に最適
 
 
・ガッツ効果↓
ド根性グローブ戦闘中効果
 ド根性グローブで付与される効果は、

致死ダメージ(最大HP25%以上)でもHP1で耐える状態

 の方です。

・致死ダメージでもHP1で耐える状態(消去不可)

 こちらはレスラーのサポートアビリティの効果になります。

・レスラーのサポアビ↓
レスラー受けの美学
 レスラーのサポアビと合わせて、致死ダメージを2回も耐えられる
 これなら苦手属性でもある程度勝負になるのでは?


・対グリームニルの結果↓
グリムにやられた
 はい。結果はごらんのとおりで
 まったくHPが削れていませんね。

 あまりにもあっさりやられてしまったので
 当初、どうしてこうなったのか?という感じでしたが
 おそらく話は単純でグリームニルの特殊技の多段攻撃で

 致死ダメージ→ガッツ→致死ダメージ→ガッツ→致死ダメージ→負け

 という事なんだと思います。

・グリームニル特殊技↓
グリム特殊技
 テンペストストリームは20回~25回の多段攻撃とのこと

 ガッツ効果で防げるのはあくまで1発分の攻撃で
 1回の攻撃中効果があるわけではないみたいです。

 なので敵の強力な1攻撃には効果てきめんであっても
 多段攻撃には無力ということになりそうですね。

 相手が悪すぎただけのような気もしますが
 ガッツ効果は主人公のみで任意に付与もできないので
 おまけ程度ということなのかもですね。
 





◆新イベント「ノーレイン・ノーレインボー」について

 今月の新規イベント「ノーレイン・ノーレインボー」が実装されました。
 
開催期間 5月27日(月) ~ 6月4日(火)

 今回のイベントはファスティバがメインのお話で、
 副料理室に集まるたくさんのキャラクタが登場するイベントのようです。
 イベント内で獲得できるアイテムを簡単にまとめてみました。

・ジャミルのスキン↓
ジャミルスキン
 真っ先に確保しようと思っていたスキンですが、
 どうやらお話を進めてぶつかり稽古なるものを
 クリアしなくてはならない模様。

・ド根性グローブ↓
ど根性グローブ
 奥義で逆境効果ということで背水向けの装備みたいですね
 ガッツ効果は、戦闘不能ダメージをHP1で耐える効果。
 武器スキルでガッツ効果付与がどういう処理をされるのか気になるところですね。 


・召喚石↓
召喚石は光属性
 今回のイベント召喚石は光
 個人的には光エレメントがちょうど不足してきていたのでうれしいタイミング

・召喚効果、加護効果↓
召喚効果
 イベント召喚石なので加護効果は控えめ
 強力な召喚石を入手するまでのつなぎという感じですね。

・ダマスカス骸晶未取得分↓
ダマスカス骸晶未獲得分
 戦貨ガチャの箱の中身に、これまで取り逃していた
 ダマスカス骸晶が追加されました。

 天司武器の4凸の必要素材に各属性ダマスカス骸晶が5個必要で
 合計30個も確保しなければならないのでこの変更はうれしいですね。

 今後開催のイベントにも、獲得できなかったダマスカス骸晶を
 次回の月末イベントに追加していくようです。


 




↑このページのトップヘ