について_まとめ

グラブルの装備や編成について考えるブログです ※ゲーム画面スクリーンショットはCygamesグランブルーファンタジーより引用しています

火の六竜「ウィルナス」攻略について
ウィルナス
 アストラルウエポンに六竜素材が必要になり
 再び六竜周回を始めた方も多いかと思います。
 ということで今回は火の六竜の攻略をしてみたいと思います。

関連記事→風の六竜「イーウィヤ」攻略について


今回のキャラ編成
キャラ編成
 リリィは属性ダメージカットや自動回復役、
 ドランクとカトルはスロウによる敵CT技の遅延が
 主な役割になります。

 カトルだけ杖得意でないのが気になるところですが、
 カトル4アビのおかげで攻撃ヒット数稼ぎがしやすいので
 敵の特殊攻撃キャンセル要員で採用しました。
 
 サブ枠はマリウスとハーゼにしました。
主人公アビ
 主人公のジョブはセージになります。
 メイン武器にブルースフィアを装備できるのと
 ヴェール(マウント)も使えるのがいいですね。


武器編成
武器編成
 メイン武器ブルースフィアの奥義効果によって
 幻影と再生効果を味方全体に付与できます。
 これにより敵の強力な攻撃をしのぎつつHPを維持します。


召喚石編成
石編成
 六竜シリーズは敵HP40%でデハフリセットを行うので
 即座にデバフを入れなおすのに便利な黒麒麟。
 
 敵からの火属性ダメージをカットする目的で火カーバンクル
 これはリリィの1アビ火属性ダメージカットと合せて
 火属性ダメージ100%カットに使えるので非常に有用です。

 加護石は神石×神石になります。



運用について

 この編成にスロウ手段が3つあります。

ドランクの1アビ ※策謀の術中(赤ポーションモード時)
ドランクの奥義で1アビ自動発動(赤ポーションモード時)
カトルの奥義効果

 カトルの2アビでCT枠を増やしつつスロウで遅延
 という形になります。奥義によるスロウは敵CTが0の時に
 使うと勿体ないので奥義の発動スイッチで調整します。

 熱線やブラッククレバスなどは単体単発ダメージなので
 ブルースフィアの奥義効果の幻影が残っていれば
 そのままやり過ごせます。ない場合のみガード


最初のマグマチェンバー(敵HP90%)
最初のマグマ
 この攻撃は無属性攻撃でガードシステムや
 ダメージカットは意味をなさないので
 何もせず素受けします。

※マウントはあらかじめかけておきます。

マグマは無属性
 ドランクを煙濤の術(青ポーションモード)に
 しておくことで、敵の特殊行動に反応して
 回復と奥義ゲージを自動で味方に撒けます。


ハドロン・スフィア(敵HP65%)
ハドロンはダメカ100%
 CT技ではないのでスロウでは対応できません。
 なのでリリィの火属性70%カットと火カーバンクル
 火属性50%カットを合わせて無力化します。

 この時カトル3アビで効果を延長することで
 3ターン実質無敵状態になります。
ダメージなし
 ここもドランクを青ポーションモードにしておくと
 回復と奥義ゲージupができるので、
 ダメージ0で回復ができる形になります。


2回目のマグマチェンバー(敵HP40%)
二回目のマグマ
 2回目が来る頃にはカトルの4アビが使用可能に
 なっているのでカトル2アビ連打等で
 容易にキャンセルできるようになります。

※マグマチェンバーは40回ヒットで解除

 黒麒麟召喚→1アビ2ヒット、2アビ6ヒット
 4アビ使用→2アビ6ヒットを4回、1アビで2ヒット

 なのでカトルだけで34ヒット分稼げる計算ですね。

 この時、敵のデハフはリセットされてしまっているので
 黒麒麟召喚でアビリティ即使用可能にしてミストなど
 攻防ダウンのデバフを掛け直すとよりスムーズになると思います。
 

ハドロン・バスター(敵HP20%)
ハドロンバスターも100カット
 これもハドロンスフィアと同様にリリィと火カーバンクルの
 合わせ技でダメージカットすることで無力化できます。 
 後はそのまま討伐するだけですね。


ドランクの仕様について

 赤ポーションアイコンと青ポーションアイコンがあり
 切り替えで1アビの効果とドランクの挙動が変わります。

 赤モード(策謀の術)は、奥義に1アビ追加発動で
 敵弱体ダウン、スロウとなります。

 青モード(煙濤の術)は、敵特殊攻撃時に1アビが反応発動し
 味方全体のHP回復、奥義ゲージ10up

 となります。
 なのでドランクが奥義打つタイミングは赤モードにし、
 敵から特殊攻撃を受ける際は青モードにする感じですね。
ドランクのモード切替が分かり難い
 今2アビが「青ポーションモードに変更」なので
 現状は赤モードとなります。
 この辺が少し分かり難いですね。




おまけ

 ついに実装されたバブさんHL…なのですが
 まずその前段階のシナリオのバブさんが
 かなり強かったですね。
なんとかシナリオバブさんクリア
 印象としては風六竜+チェンバ管理という感じでした。
 バトルシステムver2の仕様で任意のタイミングでCBを
 撃ちにくくなっているのが難易度を上げている感じですね。




オッケ7本確定技巧編成について

 ようやくオールドエッケザックス4凸が7本分
 用意できたので片面マグナ(加護石マグナ×シヴァ)
 の確定クリティカル編成を試してみたいと思います。

関連記事→火マグナ確定クリティカル編成について(オッケ4凸5本)

 前回のテストは加護石を両方マグナにして確定クリに
 するもので、今回はさらにオッケを増やして
 マグナ×シヴァで確定クリを狙ったものになります。


今回の武器編成
武器編成だよ
 オッケの技巧(中)SLv15のクリティカル発生率6.5%
 とのことなので、

 6.5%が7本で45.5%。マグナ加護で2.2倍なので
 クリティカル発生率100.1%になるはずですね。

 メイン武器と天司武器を固定として考えると、
 自由にできる武器枠はコスモス剣の入っている
 1枠のみでかなりきついですね。

 得意武器が揃えられるならオメガ系、終末5凸があれば
 終末武器になるんでしょうかね。

 ちなみに、
 アーカルム石サン5凸あり、天司ナシ
 団の火船、火炉はナシ
 加護石はマグナ4凸×シヴァ3凸になります。
 

攻撃のみ(味方強化、敵弱体ナシ)
素殴り
 23万ダメージ ※両面マグナオッケ5本の場合17万

 確定クリなので攻撃は全てクリティカルで、
 数回攻撃してみたブレとしては
 22万から24万くらいでした。


防御ダウン25%の場合(ミスト)
25%ダウン
 31万ダメージ

 ブレは29万から32万ダメージ程度


防御ダウン50%の場合(アマブレ2とミスト)
50%ダウン
 44万ダメージ ※両面マグナオッケ5本の場合36万

 ブレは44万から47万ダメージ程度


防御ダウン50%+アニラ3アビ有り
50とアニラ
 64万ダメージ ※両面マグナオッケ5本の場合52万

 ブレは60万から64万ダメージ程度でした。


 元々、オッケは背水前提の武器という認識で
 だいぶ偏った武器編成なので全く期待していません
 でしたが意外と良いダメージになりましたね。



 そして多少ダメージを受けて背水スキルが効きだした
 状態想定HP60%(コンジャクションでHP調整後)の
 ダメージテスト結果は…


攻撃のみ(味方強化、敵弱体ナシ)
HP60状態 39-42
 41万ダメージ


防御ダウン25%の場合(ミスト)
HP60状態 56
 56万ダメージ


防御ダウン50%の場合(アマブレ2とミスト)
HP60状態 72
 72万ダメージ


防御ダウン50%+アニラ3アビ有り
HP60状態 74
 74万ダメージ

 おそらくですが上限ダメージのようで
 ダメージは上下しませんでした。
 こう見るとバフなしでかなり行けそうですね。



おまけ
オッケ交換で間に合わせる
 火属性有利古戦場までに記事が間に合わなそうだったので
 6周年武器交換チケを使いました。
 これでなんとかオッケを必要本数用意できましたが
 これが良かったかどうかは実際に来てみないとですね。




無料10連結果について

 楽しい無料10連も気が付けば終わってしまいましたね。
 消費トレジャー0キャンペーンやAP・BP半額期間も
 あとわずかなので、今のうちに最大限活用しておきたいですね。

AP、BP1/2キャンペーン 10日(日曜)の16:59まで
消費トレジャー0キャンペーン 11日(月曜)の16:59まで


7日分
謎琴
 
SSR武器「ベッラ・アエテルヌス」(ユグドラシル武器)

7日分
 SSR 1


8日分
8日分
 SSRナシ


9日分
9日分
 SSRナシ

 キャンペーン通算の結果としては無料10連11回
 で、SSR6個でした。今回はレジェンドフェス中に
 沢山引けて運が良かったですね。


おまけ
ssr確定ケチ
 ついでにブレイブグラウンドで獲得した
 「SSR確定ガチャチケット」も回してみました。

阿修羅
 SSR武器「阿修羅」(キャラなし武器)
 
阿修羅スキル
 毎度おなじみヴィンテージシリーズ来ましたね。
 阿修羅というとかなり強そうなのですが、こちらは
 2属性攻刃武器でちょっと実用は難しい武器ですね。


↑このページのトップヘ